「普通」を装う

投稿日:2020年02月01日(土)

表顕力




2008年頃から、自分が「普通」ではないことに戸惑いを感じ始めておりました。

自分の考えること、感覚、常識、、、全てが、他人と違うと感じ、人と接することに抵抗を感じるようになっておりました。

 

例えば、自分の意見を伝えた時、その意見が、「正しい」か「間違っている」か以前に、僕の意見そのものを理解してもらえていないことに気付きました。

あくまでも、自分の伝え方の問題として捉えると、

単語の使い方、表現方法、声のトーン、伝えるときの表情、話すスピード、、、

問題点を挙げると沢山出てきますが、理解してもらえないことに腹を立てたこともありました。

 

中学校時代の家庭教師の先生に

「文章を書く時、四字熟語、ことわざを活用すると、文章が引き締まるよ。」

というアドバイスをいただいたことを今でも覚えております。

とても印象に残り、それから意識的に、「四字熟語」、「ことわざ」を覚えようとしておりました。

「ことわざ辞典」を購入し、1日1つ覚えることをルーティンにしていた時期もありました。

その甲斐もあり、言葉は知っている方だという自負はあります。

 

ある人と会話をしているときに、自分は当たり前のように使っていた単語を使って話をしたら、相手に全く伝わらなかったようで。

 

「難しい単語を知っていることをひけらかしているようだ。。。」

と言われました。残念な気持ちとビックリした気持ちと両方を覚えました。

 

その時、勉強するのを止めようと思いました。

「世の中、勉強すればするほど、息苦しくなるのかな。。。世の中をうまく生きていくためには、勉強しない方が楽なのかな。。。「知らぬが仏」とは、そういう意味なのかな。。。」

そんなことを思ってしまいました。。。

 

それからは、人との接点が減っていきました。

「多分、世の中に、僕と合う人はいないだろう。もう諦めよう。ただ、生活していくために、人との接点は不可欠なので、余計なことは言わず、「普通」を装って生きていこう。」

と決意いたしました。

 

慣れるまでは、ただただ辛かったという記憶しかありません。

自分の意見は、腹の中に抑えて、相手に合わせる。

不健康な生活が続いておりました。

初対面の方でも、長くお付き合いのある方でも、自分の意見は絶対に話しませんでした。

 

今考えると、そのお陰で「良いこと」がありました。

自分の意見を話さない代わりに相手の話を聞くようになりました。

相手の話を聞くためには、どうしても避けて通れないことがあります。

「質問力」です。

相手に話してもらうことを目的にしていたため、質問をしなければいけない状況が増えました。

必然的に、質問力を養う機会が増えました。

気持ちよく話してくれる人もいれば、こちらが踏み込み過ぎて警戒されてしまったり、色々な状況を経験できたお陰で、勘違い半分ですが、自分の「質問力」は、及第点以上であると確信しております。

 

最近、本当に感じることがあります。

「人の話を最後まで聞けない人が多いなぁ。。。」

自分の経験を通して感じることです。

 

「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」

「愚者」として経験から学んでいる自分自身を憂いながら、そんなことを感じます。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。
最近の投稿記事
  • 自分を破壊する一歩・・・

    投稿日:2020年12月17日(木)

    「自分を破壊する一歩手前の負荷が、自分を強くしてくれる。」 ドイツの哲学者 ニーチェの格言です。   久しぶりに格言に触れる時間に恵まれました。 格言を通して、その日一日の出来事、昔起こった出来事などを振り返る […]


    本文を読む

  • Singleness of purpose is one of the・・・

    投稿日:2021年02月17日(水)

    「Singleness of purpose is one of the chief essentials for success in life, no matter what may be one’s aim. 」 […]


    本文を読む

  • 夢物語

    投稿日:2020年06月08日(月)

    まずは、「実現可能」であると信じてみませんか?   私たちは、変化の激しい時代を生きています。 自然の猛威や争いや・・・ 予期せぬ出来事に右往左往してしまうこともあります。   そのようなとき、「この […]


    本文を読む