代表的ロールモデル(5)

投稿日:2020年01月04日(土)

表顕力




どのような宗教でも認めている「人間の欲」というものがあります。

飲食業、弁当・総菜製造業、、、食欲を満たすものや、宿泊業、寝具を含めた製造業、、、睡眠欲を満たすものは、何の偏見もなく溢れております。

ただ。。。

コンビニでの成人誌の販売が終了しました。

いわゆる「性」に関する話題は、余りオープンに語られることはありません。

 

1950年代のアメリカでは、「性」をタブー視する空気が流れていました。

氏は、男性向けの高級雑誌を創刊し、世の中に一石を投じます。

言論の自由など、氏の雑誌には、様々なメッセージが込められていました。

当然ですが、風当たりは強く、悲喜交々あったのだと思いますが、氏は、自分の生き方、考え方を貫き通します。

 

読者の数が順調に増え続け、氏の勢いが増すことにより、氏の影響力は、大きくなります。人種差別、男女平等、中絶の権利などの社会問題にも、氏の考えを発信していきます。

 

「新しき計画の成就には、ただ不屈不撓の一心にあり。」

昭和を代表する数々の経営者が感銘を受けた思想家のお言葉です。

氏の自らの言動が、このお言葉を証明しているように感じます。

 

2005年、スタンフォード大学の卒業式で「伝説のスピーチ」がありました。

「あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。」

余りにも有名なスピーチです。

「人生、人の夢を生きるには短すぎる。」

氏も同じことをお話しされています。

自分らしく生きるために、自分らしい夢を抱き、自分らしく進んでいくことが、幸福なのだと思わされます。

 

「私は、幸福を追求するために、人と違う道を模索した。実現できない夢はない。」

氏のお言葉を有難く感じました。

 

実現できない夢はないという確信の下、人と違う道を進むため、人と違う視点、観点で物事を捉えながら、幸福を追求し続けて参ります。

 

本日の記事、PLAYBOY誌 創刊者 ヒュー・ヘフナー氏に捧げます。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。
最近の投稿記事
  • People don’t care about・・・

    投稿日:2021年01月23日(土)

    「People don’t care about what you say, they care about what you build.」 (人はあなたが言うことを気に掛けはしない。あなたが創り出すものを気に掛けるん […]


    本文を読む

  • 英国紳士 – 懇篤

    投稿日:2020年06月13日(土)

    世の中の常識に悩まされることが多々あります。 「誰が、いつ、どこで、どのように決めたのかがわからない」常識に悩まされています。 少なくとも、間違いなく「絶対」と考えていることがあります。 「誰かが、どこかで決めたこと」を […]


    本文を読む

  • 考える時間

    投稿日:2020年02月17日(月)

    毎朝、起床後の30分を「考える時間」に当てています。 前の日の就寝前、その「考える時間」に考えることを決めることにしております。   考えることのほとんどが、「仕事」のことです。 が、「仕事」のことと言っても、 […]


    本文を読む