勉めて強いる

投稿日:2020年01月17日(金)

戦闘力




語学力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力、プログラミング・・・

社会人として生きていくために、色々な能力が必要とされています。

自身の能力を担保する方法として、各種資格を取得したりします。

箔を付ける上で、非常に役に立つと思われている「褒賞」も重要な要素かもしれません。

これらの要素は、全て「スキル」と呼ばれるもの。

 

「賞は取らないといけない。なぜなら、「賞なんて意味がない。」とは、賞を取っていないと言えないから。」

ある方からお聞きしたお話ですが、そういう見方もあるのも事実だと思います。

 

人間は、他人からの評価を得るために努力をします。

スキルを磨くための努力、他人と差別化を目指しての努力。

ただ、スキルのある人間は、世の中に沢山存在しています。

故に、生きている限り、同じようなスキルを持った人間同士での競争が続きます。

これを当たり前と思っていれば、悩むことではないのかもしれませんが。。。

 

2005年。

僕は、その「競争」を避けるために、東京ではなく、札幌を選択しました。

「競争」のない世界で、自分がやりたいことをしたいという理由でした。

理想と現実が同じではなかったことは、以前お伝えいたしましたが。。。

 

札幌に戻ったことは、100%「誤った決断」でした。が、決断した理由は、正解だったと確信しております。

「競争するな!独占せよ!」

僕のロールモデルのお言葉に、自分の決断理由の正当性を認めていただいたように思っております。

 

「スキル」による競争を避けるための方法があります。

「センス」で仕事をすることであると、ある本から学びました。

これによって、「あの人じゃなきゃいけない!」「あの人なら、何とかしてくれるはず!」という存在になれるとのこと。

 

目から鱗でした。

比較的長い時間、「ハムスターの回し車」に悩んで、苦しんできました。

お陰様で、それから開放されたような気持ちになれました。

 

僕は、「センス」の磨き方を

「「論理的思考」と「感性」のバランス」

と定義しております。

どちらかというと左脳だけで生きてきましたので、右脳を働かせることを意識しております。バランス、幅、深み、、、何が正解がわからないため、色々なことを学んでいかなければと思っております。

ただただ、「知的好奇心を満たしたい一心」です。

 

仕事上、技術的な勉強は、今までしてきたつもりです。

ある程度、「スキル」はあると自負しております。

ここ1,2年、「スキル」ではなく、「センス」を磨く勉強を意識し、それを継続しております。

 

昔、「勉強の歌」というタイトルの曲が、流行りました。

「勉強は、出来るうちにしておいた方がいいわ。後になって気付いたって遅いわ。」

遅くないと思っております。

気付いた時に始めればいいと思っております。

 

とにかく、

「己の魂を高め、浄め、磨き上げていくために、勉強し続けなければいけない。」

心の底から思います。

 

では、何を勉強するか?

目に映るもの、耳に入るもの、肌で感じるもの、、、全て。

それらの全てが、何かのメッセージだと捉え、直感に導かれながら、好奇心を満たしていこうと思います。

 

では、いつ勉強するか?

「今でしょ。」

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • いかなる問題も、それをつくりだした・・・

    投稿日:2020年10月18日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。」 物理学者アインシュタインの格言です。 &n […]


    本文を読む

  • ライティング・スキル

    投稿日:2020年08月06日(木)

    「文章力を向上させたい。」 ブログを更新しながら、そんな想いが強くなってきております。   昔から、文章を書くことが好きでした。 今考えると、文章を書く機会に恵まれたことも影響しているように思います。 ことわざ […]


    本文を読む

  • 考え過ぎたことはすべて・・・

    投稿日:2020年10月29日(木)

    「考え過ぎたことはすべて問題になる。」 ドイツの哲学者 ニーチェの格言です。   相変わらず、「左右の脳のバランス」を意識しながらの生活を続けております。 左脳だけで生きてきた感が否めないため、右脳の活性化が急 […]


    本文を読む