海外アウトソーシング

投稿日:2019年12月19日(木)

冒険力




ソフトウェア開発において、インド、中国へのアウトソーシングが盛んになったのが、2010年前後かと思います。両国は、発展途上ということで、人件費が安いうえに、優秀なエンジニアが沢山いることから、欧米を中心とした企業からのアウトソーシングが行われるようになりました。

その後、人件費が高騰したこともあり、「次は、ベトナム、フィリピンでは。。」という流れになってきていたのが、2014年頃です。

 

当時、太陽光事業を行っている会社と取引がありました。

その会社の社長からご相談をいただきました。

「これからは、ITだと考えているのですが、色々と調べていると海外のアウトソーシングの話が出てきます。実際、どんな感じなの?」

僕も、実際に海外法人と取引をしたことは無く、話だけでしかわかりませんでしたので、その旨お伝えしました。

 

「一度、現地に行ってみようか?」

というお話をいただき、本当に嬉しかったことを覚えております。

久しぶりに感じた「刺激」みたいなものがありました。

 

飛行機、ホテルなどの手配から、現地の法人とのアポイント、3か国(ベトナム、フィリピン、シンガポール)を周ってきましたので、スケジューリングについても、全て担当しました。

久しぶりの海外に、若干興奮気味でした。

今考えても、やはり海外に出るだけでも、気持ちがポジティブになれます。

当時は特に、モヤモヤしている時期だったこともあり、尚更でした。

 

3か国を1週間で周りました。

訪問企業数は、計12社。

一日3社ほど回る日もあり、かなりタイトなスケジューリングでした。

 

当時、ベトナムの企業は、殆どが欧米の企業からのアウトソーシングでした。日本企業との契約もあるとのことでしたが、殆どが大企業ばかり。現在どのようになっているのか興味があるところです。

日本企業との契約を目的に、社内で日本語教育を行っている企業もありました。

 

帰国後、取引をする目的で、その社長と開発計画を立てました。

今となっては、別に面白味のない内容ですが、ロボット検索(不動産情報の自動検索)とSMSを活用したメーリングリストのようなシステムなど、幾つか安価な案件をお願いすることなりました。

 

実際に仕事をしてみて感じたことは、

・英語が出来れば、殆どの会話はスムーズに進めることができる。

・プログラム言語や、ソフトウェア関連に精通していれば、仕様に関する打ち合わせで問題となることもなく、こちらが作成する仕様書通りにの運してもらえる。

・こちらのアイディア次第で、どのようなものでも形にしてもらえる技術力はあると実感。

・特に、ベトナムは、日本人と雰囲気が近い部分があるので、ストレスフリーであった。

 

そして、最後にですが、

金額的には、ビックリするほど安価という感じはありませんでした。

例えば、日本で外注する場合100万円の仕事が、あちらにお願いして80万円くらいというイメージです。訪問する前は、20万円くらいでお願いできるのではと思っていたのですが、違ったようです。

20万円の違いであれば、日本人の外注先にお願いした方が、、、という考え方もあるのかと思います。

 

国際化、多様化の時代になろうとしております。

日本も例外なく、そのような時代になります。

お陰様で、

「英語」

「IT技術」

「コミュニケーション能力」

を武器にすることができ、それらを駆使して、新たなビジネスを構築しようと奔走しているところです。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。
最近の投稿記事
  • 真らしき嘘はつくとも・・・

    投稿日:2021年02月18日(木)

    「真らしき嘘はつくとも、嘘らしき真を語るべからず」 戦国武将 徳川家康の格言です。   巷間、真実のようで嘘だったり、嘘のようで真実であったりすることが溢れております。 インターネットの台頭により、情報過多に陥 […]


    本文を読む

  • 英国紳士 – 懇篤

    投稿日:2020年06月13日(土)

    世の中の常識に悩まされることが多々あります。 「誰が、いつ、どこで、どのように決めたのかがわからない」常識に悩まされています。 少なくとも、間違いなく「絶対」と考えていることがあります。 「誰かが、どこかで決めたこと」を […]


    本文を読む

  • 自分以外の人間に頼むことが・・・

    投稿日:2020年11月05日(木)

    「自分以外の人間に頼むことができて、しかも彼らの方がうまくやってくれるとしたら自分でやる必要はない。」 アメリカの実業家 ヘンリー・フォードの名言です。   幼少期より、何でも自分でやるように指導されてきました […]


    本文を読む