人間力

投稿日:2020年01月25日(土)

戦闘力




「人間力を高める」というテーマの講演会に参加してきました。

 

「父は敬の的 母は愛の座」

初めて耳にしたお言葉です。

今までのことを振り返ることによって、父に対しての尊敬の念、母に対しての愛を、知らず知らずのうちに与えられていたことに気付けました。

全く意識したことはありませんでしたが、色々な出来事から、沢山与えられていたものなのだと感じました。

ありがとうございました。

 

また、僕自身が、息子に対して「敬の的」となれるのか、甚だ不安ではありますが。。。

息子がどのような人生を送るのかは、息子次第と思いながらも、彼に対して何らかの「良いキッカケ」を与えることができればという気持ちです。

 

「群衆心理を避ける。」

色々なところで意識してしまいます。

買い物の際、レジ待ちの列に並んだり、トイレに並んだり、、、

強烈だったのは、ブッフェコーナーの行列でした。。。

詳細は、割愛致しますが、俯瞰して見たとき、どうしても、そのようなところで同化できない自分がいます。

少し歩くけど、別のところに行けば、並ばなくて済むのに。。。

少し時間をずらせば、並ばなくても済むのに。。。

このようなことを考えてしまいます。

「人間力」を高めたい人たちが集まる場所にも、「普通」の光景がありました。

違和感を感じてしまいました。。。

 

「人間力」という英単語は、存在しないそうです。

主催者のお話として、「TSUNAMI」や「OMOIYARI」のように、「人間力」が、日本発の世界共通語になることを祈っているとのことでした。

確かに、英語でこのような表現を使うことはないのかもしれません。

 

敢えて表現するとしたら、「gentle」だと思いたいところです。

少なくとも、僕が目指す「人間力」は、「紳士」です。

「紳士」には、色々な要素が含まれていると思っております。

多分、このことは、またの機会に触れる内容だと思います。

 

「武士道」を勉強しながら、「紳士」を目指す。

何となく矛盾みたいなものを感じるのですが、真剣にやっております。

何処かで方向修正が必要になるのかもしれませんが、それまでは、このまま続けていこうと思っております。

 

人間力。

もしかしたら、自分は、話として理解しているだけなのか。

言行一致しているか否か、日々自問しながら、精進を続けて参ります。

色々な出来事から、話として理解できていても、話でしか理解できていない人が多いことを学んだ一日でした。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。
最近の投稿記事
  • 過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ

    投稿日:2021年04月28日(水)

    「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」 ノーベル賞受賞物理学者の名言です。   過去を引きずり、未来を願望している間に、今日が終わっていることがあります。 今日が過去になり、引きずるべく過 […]


    本文を読む

  • 挨拶回り

    投稿日:2020年12月23日(水)

    今年は、沢山の素敵な方々との接点により、楽しく仕事をすることができました。 お付き合いのあった方々全員が、去年の今ごろ、接点のなかった方々でした。 1年で、何もかもが変わってしまったというのが正直なところです。 &nbs […]


    本文を読む

  • 画期的な解決策のヒントが得られることも・・・

    投稿日:2020年10月09日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「問題を別の角度から捉え直せば、画期的な解決策のヒントが得られることもある。」 米国の発明家・起業家の格言です。 問題に直面 […]


    本文を読む