蘇生

投稿日:2020年04月30日(木)
分解力


緊急事態宣言が発動されてから、様々なアーティストが、「期間限定」で過去のコンサート・ライブの映像を公開しているようです。

普段と違う時間を過ごす中、音楽に癒されることのできる環境を本当にありがたく感じております。

 

秋の訪れを覚悟させるような冷たい風が吹き始める頃、それまでの真夏の暑さ、猛暑から解放されたという安堵感があった。

少し寒さを感じるようにはなったが、それでも、日中は、半袖で充分に過ごせる暖かさが残っていた。

 

海岸沿いをドライブをしていた。

一人で何かを考えるときは、不要不急でも車を使っていたため、何かを考えるべくドライブをしていた。

車内の温度は、エアコンに甘えることなく快適さを保てていた。

 

僕の運転する「左ハンドルの外車」は、日本国内であれば、「左ハンドルの国産車」となる。

日本車が世界で活躍していることを目の当たりにしたのは、アメリカに渡ってからだと思う。

中古で購入した車だが、特に大きな故障もなく、長い間お世話になった。

 

車内では、考え事をしながらも、日本の音楽を聴いていた。

僕にとっての「こだわり」のようなもので、車内でラジオや洋楽を聴くことはなく、日本の音楽を聴いていた。

 

当時は、音楽配信サービスなどは存在せず、日本から持ってきたCDを聴く以外に方法はなかったため、高校・大学時代に聴いていたアーティストのCDを流していた。

 

あの頃を思い出してみる。

幸も不幸も、良くも悪くも悩み苦しんでいた時期だと思う。

聴いていた音楽も、メッセージ性の強い楽曲が多かったように思う。

大好きな曲は?と聞かれたら、あの頃に聴いていた曲のどれかを挙げるのだろう。

 

海岸沿いに車を停めて、ボーっとしながら、聴いていた曲がある。

向こう岸には、国際空港があり、飛行機の離着陸を見ることのできる場所で聴いていた曲。

 

「そしていつか、連れて来た夢の続きを・・・」

「まだ、描き続けたい未来がある・・・」

そんな歌詞に励まされていたことを思い出した。

「夢」や「未来」を具体的に想像することなく、ただ、そんな歌詞に励まされている気がしていただけなのかもしれない。

もしかしたら、「蘇生」したいという一心で聴いていたような気がする。

 

久しぶりに、あの曲を聴いた。

あの頃聴いていた曲が、あの頃のことを思い出させてくれた。

懐かしい思い出の数々。

感無量だった。

 

あの頃から15年以上経つ。

「ミスター」という敬称が使われる年齢にはなった。

が、今の僕は、当時の僕にどのように映るのだろう。

少しは大人になれたのだろうか?

もしくは、大人になり切れていない「チルドレン」の要素が見え隠れするのだろうか。。。

 





この記事へのコメント送信
(すべて必須事項です)



記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

プロフィール(詳細
阿部雄一郎
阿部 雄一郎(あべ ゆういちろう)
1975年 アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。
1999年 札幌の大学を卒業後、渡米。
米国ニュージャージー州の私立工科大学大学院に入学。
(コンピュータサイエンス専攻、理学修士(M.S.)課程修了)
システムエンジニアとして、様々な業種の法人様向けにシステムのご提案し、導入・管理をご支援して参りました。
今までの経験を活かし、グローバル化、多様性社会の時代にて、新たな価値を創造していきます。
記事検索
書籍紹介
  • 「仕事ができる」とはどういうことか?

    今まで腑に落ちないでいた気持ちが、スッキリしました。
    「右脳」と「左脳」両方のバランスに秀でた人間を目指し、精進を続けて参ります。

    「学び」を感じることができる書籍です。

  • 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

    中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。

  • ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA

    昨年4月12日、国際フォーラムでのコンサートに行ってきました。

    コンサート終了後、ファンクラブに入会。
    今後は、ツアーが開催される際、必ず行くつもりです。

最近の投稿記事
  • いかなる問題も、それをつくりだした・・・

    投稿日:2020年10月18日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。」 物理学者アインシュタインの格言です。 &n […]


    本文を読む

  • 過去から学び、今日のために生き・・・

    投稿日:2020年10月12日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」 ノーベル賞受賞物理学者の格言です。 この格言が、僕にはとてもス […]


    本文を読む

  • 画期的な解決策のヒントが得られることも・・・

    投稿日:2020年10月09日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「問題を別の角度から捉え直せば、画期的な解決策のヒントが得られることもある。」 米国の発明家・起業家の格言です。 問題に直面 […]


    本文を読む

  • ハロー効果

    投稿日:2020年10月08日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「ハロー効果」とは、   表層的な部分に囚われて、実際を過大評価してしまう時に働いている効果のこと   […]


    本文を読む

  • 自己分析

    投稿日:2020年09月27日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   ブログの「キーワード」を「過去回帰」と定め、その「キーワード」の則った内容を投稿するようにしております。 変えることのできな […]


    本文を読む