先延ばし

投稿日:2020年04月29日(水)

戦闘力




暫く、解決を「先延ばし」にしてしまった問題があります。

「先延ばし」癖をどうするかという問題です。

 

「先延ばし」問題に蓋をして、「先延ばし」にすることにより、「先延ばし」癖を解消できずにいました。

この問題をどう対処しようかを考えるたびに、とりあえず、後から考えようと「先延ばし」の繰り返し。

そろそろ、「先延ばし」を解決しなければ、という気持ちになりました。

今度こそ、「先延ばし」せずに解決いたします。

 

「やることリスト」と「やらなければいけないリスト」を作成しております。

大がかりな作業は、全て分割し、細かいものとしてリスト化しております。

リスト作成までの流れは、スムーズに進んでおります。

が、いざ作業を始める際、何故か躊躇してしまうことが多々あるのです。

 

何故なのかを考えてみました。

先延ばしにした作業を終えると、

「どうして、もっと早く片付けなかったのだろう。。。すぐ終わる作業だったのに。。。」

と、いつも感じます。

それでも、先延ばしにしてしまうことが多々。

どうしてなのだろうと考えても、まだ答えに辿り着いておりません。

 

「そのうち、答えがわかるだろう。。。」

という感じで、考えるのを止めます。

ここで止めたら、また「先延ばし」になってしまいます。。。

いざ、作業を開始すると、集中して取り組めることは、わかっているのですが。。。

 

「さあ、始めよう。」

という気持ちになってから、実際に作業を始めるまでに時間がかかっているように感じております。

ということは、無駄な時間を過ごしているのかもしれません。

 

もしかしたら、余計なことを考えている時間が多いのかもしれません。

余計なことを考えず、すぐにスタートすれば良いだけの話かもしれません。

 

「先延ばし」癖を解決しようとすること自体が、何かの作業を「先延ばし」にしているのだという結論に至りました。

 

ダラダラと書いてきましたが、余計なことを考え過ぎてただけなのだと思います。

お陰様で、何となくですが、スッキリしました。

やると決めてから、実際にアクションを起こすまでの時間を短縮するよう心掛けて参ります。

 

日々の生活の中で、コロナウィルス騒動も含めて、予期せぬことが沢山起こります。

「先延ばし」を止め、片付けるべきことをすぐに片付けていくことで、予期せぬことに動じることなく生活できるのだと考えるようにします。

 

今日は、「昭和」の日。

夜明け前の街が、静かに動き始めているようです。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 直観は、知識を超越・・・

    投稿日:2021年02月23日(火)

    「直観は、知識を超越する。 われわれの脳の中にある、素晴らしい組織に比べれば、 論理や計画的な努力は、取るに足らないものになってしまう。」 セルビアの発明家 ニコラ・テスラの名言です。   人間は、自分の脳の中 […]


    本文を読む

  • 信頼

    投稿日:2020年03月14日(土)

    「信用」と「信頼」は違うという話は、色々な所で耳にします。   日本に戻ってから、色々な人とのご縁がありました。 その時々にお付き合いいただいていた方々が、その時々の僕自身を映していたのだと確信しております。 […]


    本文を読む

  • 年暮れぬ 笠きて草鞋・・・

    投稿日:2020年10月15日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「年暮れぬ 笠きて草鞋 はきながら」 松尾芭蕉の句です。 「自分らしさ」で輝く。 という解釈が、書籍の中にありました。 &n […]


    本文を読む