ファンクラブ会員証

投稿日:2020年05月01日(金)

分解力




断捨離を行い、部屋をスッキリさせても、日々の生活を通して否応なく、モノが増えて行くものです。

落ち着いた気持ちを維持していくためにも、定期的に片づけをする必要があるとの確信があります。

また、目に入るもの、耳にするもの全てを「キレイ」なもので満たしたいという想いが強くあります。

 

高校入学後、好きなアーティストのコンサートに行くのが楽しみになっていた。

初めて行ったコンサートは、クリスマスソングで有名な女性アーティスト。

20代で他界した伝説のロックシンガーの最後のコンサートにも行くことができた。

 

「SAY YES」前のツアー、「SEE YA」のチケットを電話で購入。

記憶は定かではないが、4プラプレイガイド?でチケットを受け取ったような。

アルバムの発売日を楽しみにしていたこともあり、そのアルバムを引っ提げてのコンサートも本当に楽しみにしていた。

アンコールの「太陽と埃の・・・」は、感動的だった。

見に来てよかった。と心から思った。

 

チケットを一般販売で購入したことが理由だと思う。

どのコンサートも、2階席だった。

やはり、アーティストに出来るだけ近い場所の席を求めていた気がする。

 

「どうしたら、ステージに近い席を取れるの?」

色々な人に質問してみた。

 

協賛企業の関係者に知り合いがいれば、チケット販売会社に知り合いがいれば、会場の関係者に知り合いれば、良いチケットをもらえるよ。

などと助言してくれた人がいた。

そのような知り合いは皆無であり、他の方法を探していた。

 

「ファンクラブに入ると、チケットの先行販売があるよ。」

誰に言われたかは忘れたが、誰かに言われた。

 

早速、ファンクラブの入会案内を手配し、入会した。

高校生にとっては、少し大きな金額だったが、何ら躊躇することなく入会した。

 

会員証が発行されたり、会報誌が届いたり、チケットの先行販売以外にも沢山の特典があった。

入会して良かったと思った。

 

当時、周りにアーティストのファンクラブに入会している人は皆無だった。

会員であることを誰かに話したこともなかった。

 

ファンクラブ入会後、最初のコンサートツアーが、「SAY YES」ツアーだった。

先行販売にてチケットを購入。

1階15列目辺りの比較的良い席を購入できた。

 

「道標」という詩の朗読から「BIG TREE」へ。

あの時のことは、今でも覚えている。

純粋に「カッコいい。」と思ったことを、今でも覚えている。

 

部屋を片付けているときに見つけた「会員証」が、あの頃のことを思い出させてくれた。

 

会員証

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。
最近の投稿記事
  • 量子力学

    投稿日:2020年08月25日(火)

    この宇宙に存在しているものは、大きく分けると「物質」と「エネルギー」の2つになると言われております。 重要なのは、「エネルギー」であると確信しております。 プラスのエネルギー、マイナスのエネルギー、どちらもエネルギーでは […]


    本文を読む

  • マスク着用

    投稿日:2020年04月01日(水)

    1月下旬、家路に向かう羽田空港にて、空港関係者全員が、マスクを着用されていました。   東京滞在中、「武漢」「ウィルス」などの単語を耳にしておりましたが、失礼を承知で、「対岸の火事」でした。 また、街を歩く人た […]


    本文を読む

  • 日曜日

    投稿日:2020年03月01日(日)

    今日から3月。 2020年を迎えて、2ヶ月が経過しました。 「光陰矢の如し。」以外の表現が見つかりません。   お陰様で、毎日のブログネタを考えることにも慣れてきました。 習慣化できたのだと思っておりますが、本 […]


    本文を読む