オーディション

投稿日:2020年09月07日(月)

表顕力




「セルフブランディング」を意識し始めてから、2年近くが経過します。

今に至るまでの間、どのように発信していくべきかを悩みながら、「トライアンドエラー」を繰り返してきました。

 

色々な人に会ったり、ホームページやSNSにて自分の考えなどを発信したり、それまで極力避けてきたことをやってみることから始めました。

ここ数年で、お付き合いいただく人たちが、ガラッと変わりました。

意識的に変えることを望んできたこともありますが、何か別の力も働き、今に至っているのだと感じております。

 

考えてみたら、自分を評価してもらうための場所に飛び込んだことがなかったように思います。

SNSで偶然目にした広告に、何かのご縁を感じて。。。

 

「BAD オーディション」

高校時代を振り返るとき、必ず思い出すフレーズ。

「BAD」は、「Being Artist Development」の意。

このオーディションに応募しなかったことを、今でも残念に思っている。

「後悔している。」が、適切な表現かもしれない。

 

デモテープを2曲作成して応募することが、当時の応募条件だったという記憶がある。

年齢などは不問。

音楽プロデューサーを夢見ていたころを懐かしく感じる。

 

今更、どうしようもないことではあるが、当時、応募しなかったことを時々思い出す。

未練があるのだろうか。。。

 

何となく、SNSを眺めていた。

ふと、ある広告が目に入ってきた。

「直感」のみで、詳細ページへ進んだ。

俳優などを養成するプロダクションのオーディションの広告だった。

 

余計なことは考えず、応募した。

「BAD オーディション」への未練をぶつけることにした。

どのような結果に至るのかに興味はあったが、「芸能」とは全く違う畑で生きてきている故、どうなるのかすら想像できなかった。

 

「果報は寝て待て」

というほど思い入れはない。

そんなときは、「忘れたころにリアクションがある」ような気がする。

 

先日、自宅に封書が届いていた。

「そういえば、応募したなぁ。。。わざわざ封書を送ってくれるなんて。。。」

という感覚で、封書を開けた。

 

「一次審査合格」とのこと。

「えっ???一次は、誰でも合格かなぁ。。。」

なんて思いながら、書類全てに目を通した。

 

誰でも合格できるものではないようなことが記されていた。

いずれにしても、良い機会だと思う。

今回の件、自分が、どのように評価されるのかを知る機会として考えることにした。

 

二次審査の日程、審査内容などが記されていた。

何ら迷うことなく、試されてこようと思う。

自分の「感性」が、どのように評価されるのかを楽しみに。

 

今現在、自分が気付いていない「自分」見つける機会になるような気がしている。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。
最近の投稿記事
  • Robotics

    投稿日:2019年12月05日(木)

    アジア好きのウィリアムという友人がいました。 ハッキリとした記憶がないのですが、彼と知り合ったのは、選択したクラスで一緒になったのがキッカケだったと思います。 彼は、大学生だったので、年齢的には、僕より後輩になりますが、 […]


    本文を読む

  • 私は決して、失望など・・・

    投稿日:2020年11月21日(土)

    「私は決して、失望などしない。どんな失敗も、新たな一歩となるからだ。」 アメリカの発明家 エジソンの格言です。   お陰様で、なのでしょうか? 毎日、大小問わず、様々な失敗を繰り返していると、失敗そのものに失望 […]


    本文を読む

  • 下半期始動

    投稿日:2020年07月01日(水)

    誰ひとり想像すらしていなかった「ウィルスによる脅威」に晒された半年と言っても良いのかもしれません。 緊急事態宣言発令、ステイホーム週間などを通して、色々な気付きを得ることができました。 「塞翁が馬」、「怪我の功名」、「棚 […]


    本文を読む