オーディション

投稿日:2020年09月07日(月)

表顕力




「セルフブランディング」を意識し始めてから、2年近くが経過します。

今に至るまでの間、どのように発信していくべきかを悩みながら、「トライアンドエラー」を繰り返してきました。

 

色々な人に会ったり、ホームページやSNSにて自分の考えなどを発信したり、それまで極力避けてきたことをやってみることから始めました。

ここ数年で、お付き合いいただく人たちが、ガラッと変わりました。

意識的に変えることを望んできたこともありますが、何か別の力も働き、今に至っているのだと感じております。

 

考えてみたら、自分を評価してもらうための場所に飛び込んだことがなかったように思います。

SNSで偶然目にした広告に、何かのご縁を感じて。。。

 

「BAD オーディション」

高校時代を振り返るとき、必ず思い出すフレーズ。

「BAD」は、「Being Artist Development」の意。

このオーディションに応募しなかったことを、今でも残念に思っている。

「後悔している。」が、適切な表現かもしれない。

 

デモテープを2曲作成して応募することが、当時の応募条件だったという記憶がある。

年齢などは不問。

音楽プロデューサーを夢見ていたころを懐かしく感じる。

 

今更、どうしようもないことではあるが、当時、応募しなかったことを時々思い出す。

未練があるのだろうか。。。

 

何となく、SNSを眺めていた。

ふと、ある広告が目に入ってきた。

「直感」のみで、詳細ページへ進んだ。

俳優などを養成するプロダクションのオーディションの広告だった。

 

余計なことは考えず、応募した。

「BAD オーディション」への未練をぶつけることにした。

どのような結果に至るのかに興味はあったが、「芸能」とは全く違う畑で生きてきている故、どうなるのかすら想像できなかった。

 

「果報は寝て待て」

というほど思い入れはない。

そんなときは、「忘れたころにリアクションがある」ような気がする。

 

先日、自宅に封書が届いていた。

「そういえば、応募したなぁ。。。わざわざ封書を送ってくれるなんて。。。」

という感覚で、封書を開けた。

 

「一次審査合格」とのこと。

「えっ???一次は、誰でも合格かなぁ。。。」

なんて思いながら、書類全てに目を通した。

 

誰でも合格できるものではないようなことが記されていた。

いずれにしても、良い機会だと思う。

今回の件、自分が、どのように評価されるのかを知る機会として考えることにした。

 

二次審査の日程、審査内容などが記されていた。

何ら迷うことなく、試されてこようと思う。

自分の「感性」が、どのように評価されるのかを楽しみに。

 

今現在、自分が気付いていない「自分」見つける機会になるような気がしている。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 控えめに意見を言うと、相手は・・・

    投稿日:2020年10月23日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「控えめに意見を言うと、相手はすぐ納得し、反対する者も少なくなる。」 アメリカ合衆国の政治家 ベンジャミン・フランクリンの格 […]


    本文を読む

  • 出塁率

    投稿日:2020年02月06日(木)

    「金がないから何もできなという人間は、金があっても何もできない人間である。」 「ブスの25箇条」で有名な劇団の創設者のお言葉です。 勿論、僕も含めてですが、人間、何かアクションを起こす時、できない理由を探してしまいます。 […]


    本文を読む

  • 【改訂】現状維持バイアス

    投稿日:2020年06月16日(火)

    /*** 「現状維持バイアス」について、最近考えさせられることがあり、以前の記事の改訂版として、改めて記事にしました。 基の記事は、こちらです。 ***/   行動経済学の概念に、「現状維持バイアス」というもの […]


    本文を読む