デフォルト・モード・ネットワーク

投稿日:2020年09月15日(火)

冒険力




活動的な思考を行わないときに無意識に脳が行う脳内ネットワークの活動という意味のようです。

人間の脳は、意識するしないに関わらず、活動をしているときに活発になるそうですが、それ以外の活動していないときは、休んでいるそうです。

瞑想などは、休んでいる状態を作り出していると考えて良いのだと思います。

 

脳が休んでいるとき、要するに「ボーっとしているとき」の方が、脳の働きが活発になるとのことです。

よって、ボーっとしている時間は、決して無駄な時間ではないという風に解釈して良いのではないでしょうか。

 

「無駄」を敵視して生きてきましたが、実は、必要な「無駄」もあるのではないかと考えさせられた瞬間でした。

とは言え、「無駄」は、極力避けたいとは思っておりますが。。。

 

朝起きて、すぐにベランダに出る。

外の空気を吸うことを目的にしている。

その時に、ボーっとしてしまう時間がある。

 

特に何かを考えているわけではないが、時に何かを考えたりすることも。

前日の出来事を思い出したり、その日片付ける作業について考えたり、悲喜交々も。

 

「瞑想」の習慣ができてから、閃きのようなものを大切にするようになった。

理屈ではない何かに頼ってみることもしばしば。

それによって良い方向に進む場合もあれば、逆の場合もある。

 

「正しい姿勢を保つこと」が、とても重要な要素であるという大きな気付きを得ることができたのも、直感や閃きに導かれたのだという確信がある。

多分、理屈で考えていたら辿り着くことはなかったのだろう。

 

科学的に証明されたことが、必ずしも正しいことではないと考えている。

そうなると、自分自身から導き出されることを頼りにしたいと思ってしまう。

よって、自分の脳に働いてもらう必要がある。

 

「デフォルト・モード・ネットワーク」

脳は、安静状態で重要な活動が営まれているそうだ。

また、この脳の「基底状態」とも言える活動に費やされているエネルギーは、意識的な反応に使われる脳エネルギーの20倍にも達するとのこと。

有効活用しなければと思わされる。

 

ボーっとしている「無駄な時間」によって、活発になった自分の脳が、意義のある「解」を導いてくれるのであれば、もう少し、「無駄な時間」をスケジュールに組み込んでみようと思い始めている。

 

「無駄な時間」を敵視しながらも、「無駄な時間」を過ごしてきてしまったことにより、「無駄な時間」の大切さに気付けたことを考えると、今までの「無駄な時間」は、「無駄」ではなかったのかもしれない。。。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 謹賀新年

    投稿日:2021年01月01日(金)

    新しい年が始まりました。 気持ちを新たに、新しい年を迎えました。 昨年のうちに整理しようと思っていたことは、ほぼ整理することができ、スッキリした気持ちで新年を迎えることができました。   年末、少し滞っていたブ […]


    本文を読む

  • 英国紳士 – 行動力

    投稿日:2020年03月13日(金)

    書店に行って、ふと目に入った本を何気なく手にすることがあります。 街を歩いていて、ふと目に入る広告、看板、景色に見入ることや、ふと耳にする音などに耳を傾けることがあります。 突然、ふと閃くことがあります。   […]


    本文を読む

  • 善とは何か。後味の・・・

    投稿日:2020年11月15日(日)

    「善とは何か。後味の良いことだ。悪とは何か。後味の悪いことだ。」 アメリカの作家 ヘミングウェイの格言です。   加熱式タバコの台頭により、紙タバコは、何処へ行くのでしょうか。 紙タバコを吸いながら、「あぁ~美 […]


    本文を読む