イラスト

投稿日:2020年09月14日(月)

表顕力




現在進めているホームページ更新作業。

あることに気が付きました。

「今まで、どうして気が付かなかったのだろう。。。」という気付きでした。

 

その気付きに至るまでに、沢山の気付きがありました。

それは、文章を書いていて、致命的な問題に気付いことから始まります。

ある気付きにより、別の気付きへ。。。

気付きの連鎖により、想像すらしていなかった方向へ導かれていくような感覚でした。

拘ってしまうと、こだわっている部分に意識が行ってしまうものだと反省させられました。

 

直感的に思うことを改めようともがいているとき、ちょっと視点を変えると、解決策があるような気がしておりますが。。。

 

自分で文章を書いていて、感じたことがある。

「この文章は、難しいだろうなぁ。。。」

「この文章を易しくできないだろうか。。。」

「単語の使い方の問題だろうか。。。」

 

まずは、文章を校正し直した。

「この文章、長いなぁ。。。」

「短くするにはどうしたらよいだろう。。。」

「四文字熟語を使えば、簡単に短くできるのだけど。。。」

 

伝えたい内容を一つに絞って、文章を校正し直した。

四文字熟語を使う必要なく、短くまとめることができた。

 

「文字だけでは伝わらないだろう。。。」

「その文章を想像させる画像が必要では?」

画像を検索した。

自分のイメージに合う画像を検索した。

 

探した画像と文章を合わせてみた。

「えっ?何か違う。。。」

「画像が悪いのだろうか?」

「文章が画像に合っていないからだろうか?」

 

暫く、ここで立ち止まった。

答えが見つからず、前へ進めなくなり、立ち止まった。

 

画像も文章も「自分らしい」のになぁ。。。

この違和感を払しょくするのに、結構な時間を必要とした。

 

「相手がどのように解釈するか」よりも、「相手にどのように解釈してもらいたいか」に意識を向けていたことが、問題だったように思う。

 

探した素材も「無料」で使用できる素材ばかりだった。

「無料」にこだわる理由は全くなかった筈なのに。。。

 

諸々、考え直すべくポイントを得ることができた。

改めて、サイト刷新を考えたときのことを思い出した。

必要以上に、「こだわり」を持ち過ぎていた。

 

紆余曲折を通して、思うことがある。

少し柔らかい感じに仕上げようと思う。

そのためには、写真ではなく、「イラスト」を活用してみてはどうだろうか。

 

比較的硬い文章と、比較的柔らかいイメージが、どのように融合するのかを感じてみようと思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。
最近の投稿記事
  • I’m a firm believer that・・・

    投稿日:2021年01月29日(金)

    「I’m a firm believer that in the theory that people only do their best at things they truly enjoy. It is diffi […]


    本文を読む

  • スピード感

    投稿日:2020年10月02日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「先延ばし」を回避するために、できるだけすぐに対応をすることを心掛けております。 郵便物は、すぐに開封して、必要なければ捨て […]


    本文を読む

  • Take the course opposite to・・・

    投稿日:2021年01月18日(月)

    「Take the course opposite to custom and you will almost always do well.」 「慣習とは反対の道を行け。そうすれば常に物事はうまくいく。」 フランスの哲 […]


    本文を読む