価値観

投稿日:2020年09月16日(水)

冒険力




【過去回帰により、進むべく未来へのベクトルを定め、その先にある「約束の地」へ・・・】

 

「自分の価値観を認識せよ」というタイトルのメルマガが届きました。

何となくではありますが、「自分の価値観」は、定まっていると考えておりましたが、改めて問いかけられて、もっと具体的に定める必要はあると感じました。

 

「aspire to make a difference」

という言葉を大切にしております。

「他人との違い」を大切にしているというか、拘っているような気もします。

人と違うことをしたいという一心なのですが、ときにマニアックな方向に進んでしまっていることも自覚しております。

きっと、バランス感覚の問題だと思いますが。

 

メルマガにより、自分の価値観を再認識する機会をいただくことができましたが。。。

 

メルマガには、「自由」「結果」「安定」「独立」など、自分が大切にしているものを認識するように促していた。

譲れない「価値観」を認識することは、「自分が生きて行くための環境づくりに欠かせないもの」と記されていた。

 

自分なりに、自分自身を整理して、「価値観」を定めたつもりではいたが、改めて考えさせられた。

この「価値観」の認識は、自分が進むべく方向を指し示してくれる。

よって、しっかりと自分の中に落とし込んでいなければならない。

 

落とし込んでいたようで、落とし込んでいなかったことに気付いた。

改めて、それを認識し直すところへ戻ることにした。

 

今までの過去を振り返ると、どうしても拘ってしまうことがある。

経歴などを加味して、今までやってきたことに拘ってしまう。

本当に拘るべきところなのだろうか?

今までの流れを踏まえて考えると、好き嫌いは関係なく、拘ってしまうのは自然なのかもしれない。

 

一度、その前提、流れを疑問視してみた。

まずは、自分の「価値観」の再定義から始めた。

「自由」「結果」などの単語で表現するのであれば・・・

 

「違い」なのかもしれない。

オリジナリティーなどの表現でも良いのかもしれない。

 

今に至るまで、自分のしてきたことに、他との「違い」、「オリジナリティー」を出せていただろうか。

答えは、「YES」と「NO」の両方が、存在している。

 

マニアックな方向に進んでいたことは、自覚しなければならないが、「違い」を生み出すべく作業は行ってきている。

時に、長い物には巻かれることもあった。

余計なことを言わず、周りに合わせることを良しとして巻かれていた時期もあった。

 

ここにきて感じるのは、「バランス」ではないだろうか。。。

もう少し、「バランス感覚」が備わっていたら。。。という後悔に似た感覚もある。

 

いずれにしても、「違い」という価値観を大切にしていこうと思う。

視点・観点の違いなど、色々な「違い」を楽しめるようにしていこうと思う。

 

その「価値観」を基に、今まで拘っていたことを手放す覚悟ができた。

これから先、もっともっと面白くなりそうな予感が。。。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。
最近の投稿記事
  • ブログデザイン刷新

    投稿日:2020年11月01日(日)

    「何をやろうとしても、あなたは間違っていると批判する者がいる。その批判が正しいと思わせる多くの困難がたちはだかる。計画を描き、最後まで実行するには、勇気がいる。」 アメリカの思想家、哲学者、作家、詩人 ラルフ・ウォルドー […]


    本文を読む

  • 過去の清算

    投稿日:2019年11月28日(木)

    大学院在籍中に知り合い、その後もお付き合いのあった友人たちに恵まれていました。 彼らの殆どが、生まれながらのアメリカ人ではなく、外国からの移民です。 僕自身も移民とカテゴライズされるのでしょう。   プエルトリ […]


    本文を読む

  • 八風吹けども動ぜず

    投稿日:2020年07月19日(日)

    「利・誉・称・楽・衰・毀・譏・苦」 八風とは、これらのことを表しているそうです。   その中で、「人間が避けるもの」が4つあります。 肉体的な衰え、金銭・物の損失を意味する 「衰え(おとろえ)」 不名誉をうける […]


    本文を読む