グローバリゼーション

投稿日:2020年10月07日(水)

創造力




【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】

 

ビジネス上の海外展開について、面白いお話を伺う機会がありました。

最初聞いたときは、疑問符がついたのですが、よくよく考えると、「なるほどな!!」というお話でした。

お陰様で、大きなヒントをいただくことができました。

 

僕自身、「スピード感」を意識して毎日を過ごしているつもりです。

が、その「スピード感」について、よくよく考えると、「なるほどな!!」と思わされることがあります。

 

この「なるほどな!!」は、何処から来るのかを考えてみました。

「目からウロコ」なのだろうか。

知らなかったことを知ることができたときの感覚とは違うと感じております。

それとは違う感覚から導かれているような気がし始めております。。。

 

「テクノロジー」と「グローバリゼーション」

世の中、この2つをキーワードに、様々なビジネスが展開されている。

 

この2つのキーワードは、米国の著名な投資家の書籍の中で、詳しく説明されている。

これらは、相異なる関係である。

「0から1」が、テクノロジー。

「1からn」が、グローバリゼーション。

実際、テクノロジーにより、新たなものが生まれた。

新たなに生み出されたものが、グローバリゼーションによって、拡張されてきた。

 

氏は、書籍の中で、このようなことも著していた。

「ほとんどの人が賛成しない大切な真実」

これを見つけることが、ビジネスに繋がるとのこと。

 

簡単に見つかるものではないことは、容易に想像できる。

多分、寝食を忘れるほどに、この答えを探し、アクションを起こしている起業家は、少なくないと思う。

それでも、ビジネスとして発展するアイディアは、「千三つ」ではないだろうか。

 

「グローバリゼーション」を考えてみる。

「1からn」であれば、「1」となる何かが存在しているという前提が必要となる。

 

「海外進出は、オリンピックと同じである。」

というお話を伺った。

日本で1番にならずに、海外に出て行くことはできない。

そういう意味だそうだ。

 

自分のイメージとは、「前提」が違うことに気付くまでは、このお話を理解できなかった。

「そうか。。。前提が違うからだ。」

という気付きにより、「なるほどな!!」と感じることができた。

「前提」の違いについての説明は、割愛する旨、ご容赦いただきたい。

 

もしかしたら、グローバリゼーションは、「1からn」ではないような気がしている。

複数の「0から1」の「テクノロジー」を繋げることにより、「グローバリゼーション」の具現化は可能なのではないだろうか。

 

この場合の「グローバリゼーション」は、「1からn」ではなく、「0からn」に近いような気がする。

多分、この考え方は、「ほとんどの人が賛成しない大切な真実」なのかもしれない。。。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 浩然の気を養う

    投稿日:2019年12月26日(木)

    今年一年を振り返っております。 年始早々、想像すらしていなかった出来事が起こり、幸先よく一年をスタートすることができました。今まで考えていたこと、やってきたことが何だったのかと思わされるくらい、自分自身の生活に変化があり […]


    本文を読む

  • どうでもよいことは流行に・・・

    投稿日:2021年02月16日(火)

    「どうでもよいことは流行に従い、重大なことは道徳に従い、芸術のことは自分に従う。」 日本の映画監督 小津安二郎氏の名言です。   テレビを見ていると、現在のトレンドに触れることができます。 「こういうのが流行っ […]


    本文を読む

  • 報恩謝徳

    投稿日:2020年10月05日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   いつか必ず、訪れる日が来るとの確信がありました。 逆に、この日が訪れなければいけないと考えておりました。   思い […]


    本文を読む