ハロー効果

投稿日:2020年10月08日(木)

分解力




【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】

 

「ハロー効果」とは、

 

表層的な部分に囚われて、実際を過大評価してしまう時に働いている効果のこと

 

です。

一番わかり易いのは、「肩書」、「地位」、「名誉」、「見た目」などで、判断してしまうことではないでしょうか。

粗末な格好をしていても、相手の「肩書」を知った瞬間、態度を変えるというような話は、足元に転がっているように思います。

逆に、「ハロー効果」を期待できる表層的な部分を持ち合わせていない人は、身なりなどで武装し、少しでも良く見せる、大きく見せるための工夫をされているようにも感じます。

 

いずれにしても、人間は、見た目や肩書などで他人を判断してしまうものなのでしょう。。。

 

マスクを着用している人たちが、街に溢れている。

このご時世になり、普通の光景となった。

マスクをしていないと、入店を拒否するお店まであるくらいだ。

 

「マスク未着用は、人にあらず。」

平家の人間ならば、そのように表現するのかもしれない。

それくらい、マスク着用者がマジョリティとなった。

 

マスク着用が当たり前になり、面白いことに気が付いた。

人の顔を見るときに、目だけに焦点を当てることができる。

「目」以外の部分は、マスクで覆われるため、必然的に、目だけに焦点が当たる。

 

人の目は、様々なことを物語っている。

優しそうな目、輝いている目、怯えている目、意地悪な目、、、色々な「目」を感じることができる。

相手の「目」を見て、どのような人となりかを判断することが、当然のこととなってきている。

相手の「目」を見た瞬間、自分の直感が何かを教えてくれたりすることがある。

相手が話しているときの相手の「目」が、何かを発信していることに気付いたりすることもある。

 

相手の肩書、地位、身なりなどからは判断できないことを「目」から感じる。

この感覚を大切にして行こうと思っている。

 

最近、大きな失敗をした。

失敗の理由を「ハロー効果」の一言でまとめて良いと思う。

当然、その失敗から派生して起こったこと全てが、失敗と考えている。

入口で失敗している故、その中で起こること全てを失敗と考えなければ、説明できなくなる。

それらの失敗に気付くことができたことで、出口に辿り着けたと考えている。

 

今回の失敗、改善点を提示してくれたのだと思う。

「過小評価するより過大評価する方が、判断力の欠如を完璧に暴露してしまう。」

ドイツ人哲学者の名言を体感する形となった。

自分の判断力の欠如を露呈してしまった。

 

何かを判断する際、往々にして、余計な情報に惑わされている自分を確認できた。

過ちて改めようと思わされた。。。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。
最近の投稿記事
  • 引越準備

    投稿日:2020年05月19日(火)

    米国在住中、いわゆる「一人暮らし」をしていました。 炊事、掃除、洗濯、あらゆることを経験しました。 料理は、揚げ物、煮物など、結構凝っていた時期もありました。 今も一人暮らしなのですが、最近は、掃除と洗濯くらいで、食事は […]


    本文を読む

  • しばしば、直観が頼みの綱になる

    投稿日:2021年03月31日(水)

    「しばしば、直観が頼みの綱になる」 アメリカの実業家 ビル・ゲイツの名言です。   3カ月前に書いた記事を改めて見ようと思いました。 今の心境では、この名言をどのように捉えるのか。 それを確認したくなりました。 […]


    本文を読む

  • 自分を破壊する一歩手前の負荷が、自分を強くしてくれる。

    投稿日:2021年04月21日(水)

    「自分を破壊する一歩手前の負荷が、自分を強くしてくれる。」 ドイツの哲学者 ニーチェの格言です。   筋トレをしていると、「筋肉痛」を意識してしまいます。 「筋肉痛」を感じることができれば、「負荷」がかかってい […]


    本文を読む