わからぬ将来のことを・・・

投稿日:2020年12月06日(日)

戦闘力




【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】

 

「わからぬ将来のことを心配しているより、まず目前のことをする。」

日本の武将 伊達政宗公の格言です。

 

「来年の今頃は、多分・・・」

先のことをイメージしながら、何となく日々を過ごしていたような気がしております。

将来のことを考えると、楽しい気持ちになったりもします。

ただ、そんな気持ちは、刹那的なものでしかないのではと思ったりもします。

 

無意味な「妄想」のために、無駄な時間を費やしてきたという反省があります。

結局、「妄想」が具現化することはありませんでした。

 

「どうしてだろう?」

と、悩んだりしたこともありますが、その時間もまた、無駄そのものであったと反省しております。

色々な「無駄」を通して得た結論は、「無駄」は、必ずしも「無駄」ではなかったということなのかもしれませんが。。。




何かを始めるとき、理想とする姿をイメージする。

その理想とするイメージを求めて、始めたことを続けようとする。

 

多分、しばらくは、続くのかもしれない。

が、途中で諦めてしまう確率は、低くはないように思う。

 

途中で諦めるとき、理想とするイメージに辿り着けないと考えているのではないだろうか。

「わからぬ将来」とわかってはいても、「理想のイメージに辿り着ける将来」だけは、わかりたいと思ってしまう。

 

が、そんな将来もわかり得ない。

それでも・・・

 

余計な心配だけが、頭の中を満たしていく。

途中で諦める理由のほとんどが、このような気持ちに導かれてのものではないだろうか。

 

ときに、理想とするイメージは、夢、目標などの単語で置き換えられる。

夢に向かって、目標に向かって、何かを始め、何かを続ける。

が、その夢、目標も具現化が難しいと感じ始めると・・・

 

何かを諦めるとき、もっともらしい言い訳を考え始める。

「夢は夢。実現できないから夢なんだ!!」

そんなことを言われたら、納得せざるを得ない。

 

結局、余計なことを考え過ぎて、考える必要のない心配に悩まされて。

当初描いていた理想のイメージは、いつの間にか何処かへ。

 

「まず目前のことをする。」

それだけでも、余計なことを考える余地がなくすことが可能になる。

「目前のことをした」後、「目前のことをする」。

「目前のことをする」という連続により、「わからぬ将来のことを心配する必要がなくなる。」のではないだろうか。

気付いたら、心配していたはずの「わからぬ将来」は、理想のイメージに近づいているような気がする。

 

逆に、将来は、わからないままの方が良いのかもしれない。

「わからぬ将来」に向かって、「目前のこと」をし続けていれば良いのではないだろうか。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。
最近の投稿記事
  • あらゆることは、・・・

    投稿日:2021年01月14日(木)

    「あらゆることは、すでにほとんど人によって考えつくされている。しかし大事なことは、それを自分で考えてみることである。」 ドイツの詩人 ゲーテの格言です。   ITを活用することにより、様々なサービス提供が容易に […]


    本文を読む

  • You’ve just become more of yourself.

    投稿日:2020年02月04日(火)

    アメリカのトーク番組司会者で、番組プロデューサーでもある方が、スタンフォード大学の卒業式にて、スピーチを行いました。 そのスピーチの中で、 「あなたは、より自分らしくなったのよ。」 と知人に言われたことをお話しされていま […]


    本文を読む

  • 物言えば唇寒し秋の風

    投稿日:2020年08月22日(土)

    お盆を過ぎ、真夏の暑さは、何処かへ行ってしまったように感じます。 日中に蒸し暑さを感じることもなく、夜は、寒く感じるほどです。 「例年、こんな感じだったなぁ。。。」なんて思いながら、間もなく訪れる「秋」に向けて、心新たに […]


    本文を読む