出塁率

投稿日:2020年02月06日(木)

創造力




「金がないから何もできなという人間は、金があっても何もできない人間である。」

「ブスの25箇条」で有名な劇団の創設者のお言葉です。

勿論、僕も含めてですが、人間、何かアクションを起こす時、できない理由を探してしまいます。

「○○さえあれば。。。」と、ないものを求めて、悩んでしまう傾向にあるように思います。

 

「できない理由」とは、もしかしたら、「やりたくない理由」なのかもしれませんが、いずれにしても、もっともらしい理由を盾に、アクションを起こさずに終わってしまうことが多いように感じております。

 

メジャーリーグで、「打率」ではなく、「出塁率」に着目した人がいます。

おカネがないという前提で、導き出した答えが、「出塁率」でした。

 

映画にもなり、話題となりましたが、これこそ、

「ほとんどの人が賛成しない大切な真実」

だったと感じております。

映画を見ながら、そう感じました。

 

実際、スカウトを交えた来シーズンの構想を話し合う場で、ほとんどの人が「反対」しておりました。

ほとんどの人は、「打率」を重要視し、「出塁率」など眼中にありませんでした。

反対者の多くは、経験則からの意見で主人公に立ち向かいます。

反対者から抵抗されながらも、主人公は、自分の考えを貫き通しました。

 

結果、ワールドシリーズ制覇には至りませんでしたが、メジャーリーグの重鎮は、主人公を高く評価しておりました。

 

実は、身近に、本当に身近に、このような事象が転がっているのでは?と考えるようになりました。

大切な真実は、「スタートアップ」の世界だけではないと確信しております。

 

最近、色々な立場の方々とお会いし、お話しする機会に恵まれております。

相手の範疇外の話をすると、ほとんどの場合、「抵抗」されます。

ここでいう「抵抗」とは、自分の考えが正しいと言わんばかりの「口撃」だったり、ただ単純に、「怒る」行為だったり。

 

お陰様で、反対されたり、攻撃されたり、口撃されたり、怒られたりすることに慣れてきました。

最後には、

「すみませんでした。ちょっと言い過ぎました。。」

というようなことを言われたりもします。

 

「この人は、どうして反対するのだろう?」

と思いながら、相手の話を聞くようにしております。

 

そうしているうちに、相手が、どのようなタイプかがわかるようになってきました。

ほとんどの人が、「自分が正しい」ことを固辞するための「口撃」タイプです。

理屈で「口撃」できない場合は、感情論で「口撃」して来ます。

 

時々、自分のペースで話を進めることができず、「怒る」タイプの人もいますが、多分、こちらが怒らせているのだろうと思います。

都度、反省するようにしておりますが。。。

 

伝え方、話の進め方、使う単語の選び方、表情、、、色々なことに注意しなければいけないと思わされております。

 

こちらが、「打率」を重要視しているフリをしながら、相手に「出塁率」を重要視してもらう、若しくは、相手を「出塁率」へ導く。

こんな伝え方を体得できないか、試行錯誤の最中です。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。
最近の投稿記事
  • メルマガ

    投稿日:2020年12月13日(日)

    「アウトプットのためのインプット」を意識して、興味がある内容のメルマガを購読することに必死になっていた時期があります。 「こんなメルマガ登録しただろうか?」 いつ、どこで登録したのかを忘れているものもあるほどでした。 & […]


    本文を読む

  • I am proud to be …

    投稿日:2019年12月08日(日)

    父は、北海道の田舎町で生まれ育ち、高校を卒業して、札幌に出てきました。 裕福な家庭ではありませんでしたが、医者になるべく1浪の末、医学部に合格。 卒業後は、臨床には行かず、大学に残り研究生活を始めました。 経済的な理由で […]


    本文を読む

  • 私は決して、失望などしない。どんな失敗も、新たな一歩となるからだ

    投稿日:2021年04月13日(火)

    「私は決して、失望などしない。どんな失敗も、新たな一歩となるからだ。」 アメリカの発明家 エジソンの格言です。   「昨晩、眠れずに失望と戦った。」 「失望」という単語を耳にすると、必ず思い出す楽曲のフレーズで […]


    本文を読む