自分を破壊する一歩・・・

投稿日:2020年12月17日(木)

冒険力




「自分を破壊する一歩手前の負荷が、自分を強くしてくれる。」

ドイツの哲学者 ニーチェの格言です。

 

久しぶりに格言に触れる時間に恵まれました。

格言を通して、その日一日の出来事、昔起こった出来事などを振り返るようにしておりましたが、最近は、ご無沙汰しておりました。

 

その時々のタイミングにより、目や耳に入るもの、入ってくるものが違うという実感があります。

意識の有無に関わらず、自分自身が受け取る情報は、絶好のタイミングで訪れるものと考えるようにしております。

 

よって、仮に興味がないことだとしても、「何か関係があるかもしれない。」という気持ちで、拾いに行こうとしている気がします。

少なくとも、何かの迷いのようなものがあるときほど、心の声が、進むべく方向を教えてくれているような気がしておりますが。。。

 

「痛みを伴う構造改革」

一昔前流行語となった。

人は皆、痛みを伴わない改革を求めるのだろう。

「死ぬことなく天国に行きたい」という感覚に似ているような気がする。

 

「改革」を「変化を求めること」と解釈すると、必ず痛みが伴う。

それまでの習慣を変えて、新たな習慣を身に付けるためには、一筋縄ではいかないことが多い。

これは、ある意味「痛み」なのだと思う。

 

逆に考えると、「痛みを伴っている」とう実感は、「改革」の方向へ「着実に進んでいる証拠」であると考えている。

 

ここ最近、痛みを伴う出来事に直面する機会が多い。

新しいことを始める際は、必ず痛みを伴う。

その痛みが、快感になってきているのも、やぶさかではないように思っている。

 

今年一年、色々なことが起こった。

悲喜交々、諸々が起こった。

 

少し前までは、不安、恐怖により、一歩を踏み出せなかったようなことが、今では普通のこととして捉えれている気がする。

 

良くも悪くも、色々なことが起こる度に、色々なことを考えさせられた。

途中、何かが起こっても、考える余裕もなく、直感により、次のアクションを起こしていたこともあったような気がする。

 

振り返れば振り返るほど、その時々の自分自身の愚行を恥ずかしく感じてしまう。

恥ずかしく感じていることは、良いことなのだろうか。

少しだけも、自分を強くしてくれた「負荷」を体感してきたということなのだろうか。

 

ここは、ポジティブに考えることにしよう。

去年の今ころよりも、幾つかの「自分を破壊する一歩手前の負荷」により、少しだけ強くなったのだと考えることにしよう。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。
最近の投稿記事