けれど空は青

投稿日:2020年06月29日(月)
冒険力


「けれど空は青」

高校時代、大好きだったアーティストの大好きだった楽曲のタイトルです。

この楽曲には、横文字のサブタイトルが付いております。

「close friend」というサブタイトル。

 

当時、その英単語を辞書で調べました。

意味は分かりましたが、歌詞との関連性を理解することはできませんでした。

 

最近、改めてその楽曲を聴くことがあります。

あのころ理解できなかったことが、少しだけですが、理解できているような。。。

 

昨年から人間関係を改めてきました。

現在お付き合いいただいている関係は、比較的新しい関係ばかりが目立つようになってきました。

そんな中、米国で知り合ってから、今に至るまで続いている関係があります。

もう20年近くになると思うと、色々な想いが。。。

 

久しぶりに「close friend」と会食。

あっという間の時間を過ごした。

昔二人で遊びに行った「34St.」辺りの飲食店街を思い出してみようという話になり、韓国料理を堪能した。

 

昔話を混ぜながら、近況を報告し合ったり、時事ネタに意見を言い合ったり。

そんな会話を続けていると、あっという間に時間が経ってしまう。

 

タカシ氏とは、米国の語学学校で出会った。

僕は、大学院入学準備のため、タカシ氏は、企業派遣による米国赴任の準備のために語学学校へ通っていた。

寮が同じであったり、一緒のクラスがあったりと、いくつかの共通点が、お互いを引き合わせてくれたのだと思う。

 

タカシ氏は、世界のホームラン王の後輩。

大学もそのまま推薦で入学。

「頭が良い」というより、「教養がある」という表現の方がしっくりくる。

 

英語を母国語としない国からの留学生は、「TOEFL」という試験を受ける必要がある。

僕もそのための勉強をした。

当時、僕は、500点前後で四苦八苦していた。

タカシ氏は、特にそのための勉強をせずに「600点」以上を取っていた。

 

「すごいなぁ。。。僕は、勉強しているのに「500点」から進まないのに。。。」

そんなことを思っていた。

 

今考えて思うことが、もう一つある。

嫉妬に似た感覚は、全くなかった。

何故なのだろうか。。。

きっと、タカシ氏には敵わないと思っていたからなのだろう。

振り返って考えると、そんなことを感じる。

 

タカシ氏とは、マンハッ探訪、アトラン探訪、ペンシルバニア探訪。。。

色々な思い出がある。

お互い日本に戻ってからは、名古屋探訪もある。

何もかもが懐かしい。

タカシ氏との時間、特にアメリカでの出来事は、今でも素敵な素敵な思い出。

 

「またアメリカに行きたいですなぁ。。。」

タカシ氏が言った。

僕も同じ気持ちだった。

20年前とは、状況は変わった。

それでも、沢山の思い出とともに関係が継続している。

本当にありがたく感じている。

僕にとって数少ない友人、「close friend」に対して、ありがたく感じている。

 

焼肉、ビビンバ、、、ベタなメニューではあったが、昔一緒に食べた味を思い出すことができた。

 





この記事へのコメント送信
(すべて必須事項です)



記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

プロフィール(詳細
阿部雄一郎
阿部 雄一郎(あべ ゆういちろう)
1975年 アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。
1999年 札幌の大学を卒業後、渡米。
米国ニュージャージー州の私立工科大学大学院に入学。
(コンピュータサイエンス専攻、理学修士(M.S.)課程修了)
システムエンジニアとして、様々な業種の法人様向けにシステムのご提案し、導入・管理をご支援して参りました。
今までの経験を活かし、グローバル化、多様性社会の時代にて、新たな価値を創造していきます。
記事検索
書籍紹介
  • 「仕事ができる」とはどういうことか?

    今まで腑に落ちないでいた気持ちが、スッキリしました。
    「右脳」と「左脳」両方のバランスに秀でた人間を目指し、精進を続けて参ります。

    「学び」を感じることができる書籍です。

  • 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

    中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。

  • ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA

    昨年4月12日、国際フォーラムでのコンサートに行ってきました。

    コンサート終了後、ファンクラブに入会。
    今後は、ツアーが開催される際、必ず行くつもりです。

最近の投稿記事
  • いかなる問題も、それをつくりだした・・・

    投稿日:2020年10月18日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。」 物理学者アインシュタインの格言です。 &n […]


    本文を読む

  • 過去から学び、今日のために生き・・・

    投稿日:2020年10月12日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」 ノーベル賞受賞物理学者の格言です。 この格言が、僕にはとてもス […]


    本文を読む

  • 画期的な解決策のヒントが得られることも・・・

    投稿日:2020年10月09日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「問題を別の角度から捉え直せば、画期的な解決策のヒントが得られることもある。」 米国の発明家・起業家の格言です。 問題に直面 […]


    本文を読む

  • ハロー効果

    投稿日:2020年10月08日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「ハロー効果」とは、   表層的な部分に囚われて、実際を過大評価してしまう時に働いている効果のこと   […]


    本文を読む

  • 自己分析

    投稿日:2020年09月27日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   ブログの「キーワード」を「過去回帰」と定め、その「キーワード」の則った内容を投稿するようにしております。 変えることのできな […]


    本文を読む