凡事徹底

投稿日:2020年12月27日(日)

冒険力




今年1年、至る所で、よく耳にしました。

「凡事を徹底する。」

凡事とは何か、わかりかねていた時期もありました。

途中、「凡事」を「小さなこと」と解釈して、徹底を試みてみました。

 

「そんなこと、誰も気にしないでしょう。。。」

「そんな細かいことまで。。。」

そんな風に言われたこともありましたが、しっかりしている人たちは、皆、徹底しているのだと思い、細かいことも含めて徹底するようにしました。

 

細かいことを気にして生活している人が少ないことに気付きました。

「普通は、スルーするところなのかもしれないな。。。」

普通がそうなのであれば、それで何も問題はありませんが、自分自身、普通じゃない方向を目指している手前、普通のことをしてはいけないという使命感のような気持ちで、徹底を続けてきました。

 

凡事を徹底することによって、色々な気付きがありました。

小さいこと、細かいことの重要性を実感することができました。

 

ほとんどの人が、やろうと思えばできるのに、ほとんどの人がやらないこと。

世の中、そんなことばかりで溢れていることに気付きました。

誰でもできる「凡事」は、特殊技能、国家資格、才能、その他諸々を必要とすることはありません。

それでも、ほとんどの人がやらないのは、何故なのか、わかりかねております。

 

お陰様で、凡事を徹底する生活にも慣れてきました。

今では、当たり前のように行っている凡事が、数え切れないほどになりました。

 

この先も、凡事を徹底していくつもりです。

凡事徹底の大切さを実感することができた1年となりました。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。
最近の投稿記事
  • 作家になりたかったら、毎日・・・

    投稿日:2020年11月03日(火)

    「作家になりたかったら、毎日三時間、十年間書き続けていればなれる。」 日本の作家 遠藤周作氏の格言です。   毎日ブログを更新し続けていると、作家になったような錯覚に陥ることがあります。 ブログ更新のための時間 […]


    本文を読む

  • 背負う荷物を軽くしてほしいなどと・・・

    投稿日:2020年10月22日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「背負う荷物を軽くしてほしいなどと願ってはならない。背負えるだけの強い背中にしてほしいと願いなさい。」 第32代アメリカ合衆 […]


    本文を読む

  • 相手を説得するために、正論など・・・

    投稿日:2021年03月16日(火)

    「相手を説得するために、正論など持ちだしてはいけない。 相手にどのような利益があるかを話すだけでいい。」 アメリカ合衆国の政治家 ベンジャミン・フランクリンの名言です。   少し前、誰かと会話しているときに、ふ […]


    本文を読む