大掃除

投稿日:2019年12月28日(土)
冒険力


本日、大掃除を行いました。

昨年の今頃立てた計画の中に含まれていた予定です。

本当に一年があっという間でしたが、計画していたことの何割くらいが達成できたのでしょうか。。。

色々なことを「習慣化」できたということで、及第点としてよいのか。。。

 

本格的に「断捨離」に取り掛かったのは、6月くらいでした。

当時は、心境が著しく変化し、「何かアクションを!!」という一心でした。

 

「これから、新しく何かを始めようとしているときなのだから、何かを捨てよう。」

という気持ちにしてくれたのは、やはり読書でした。

片付けで人生が変わるといった類の本は、複数冊読みました。

 

脚下照顧。足元を見ると、床が荷物で一杯でした。

整頓されているとは言えない状態も助長してくれたように思います。

断捨離、コンマリブームなど、僕の背中を押してくれる材料は、沢山ありました。

 

部屋の整理をしていて、気付いたことが一つ。

日本に戻って来るときに、アメリカから持ち帰ってきた荷物が、整理されずに残っておりました。

思い入れのあるものだったり、ガラクタだったり。。。アメリカ生活を引きずりながら、今まで生きてきたのだと気付かされました。

 

勿論、気持ちをリセットする意味でも、殆どのものを処分しました。

お陰様で、スッキリできました。

 

断捨離をして感じたことが一点。

「もう捨てるものがない!!」と思ってからが、本当の断捨離の始まりです。

「多分使うだろう、必要だろう。。」と思って捨てなかったものが、「やっぱり必要ない。。。」ということで、処分。

結局、「もう捨てるものがない!!」という感覚をを3度ほど味わいました。

断捨離が終わった今でも、もしかしたら、まだ処分すべきものがあるかもしれません。

 

自分の気持ち、持ち物を処分する作業を経て、今日の大掃除に至っております。

お陰様で、大掃除と言っても、大掛かりな作業はなく、比較的短時間で終了しました。

 

掃除は、意識的に行っております。

視覚に入ってくるものは、「綺麗」、「清潔」、「良い」など、常にポジティブな状態ものが、視覚に入ってくるようにしたい。という気持ちが、掃除を習慣化させてくれたのだと思います。

 

掃除も、やればやるほど、色々な気付きを与えてくれます。

床に物がない状態が、一番部屋を綺麗に見せてくれます。

(机やいす、テーブル、本棚など大型のものは含まない。)

逆に、地べたに書類の山や洗濯物の山などが置いてあるだけで、整頓されていない印象を与えられます。

 

ドラマで、お金持ち風の家とそうじゃない風の家の違いを出す場合、モノの多い少ないで表現するそうです。モノを少なくすることで、お金持ち風の家という印象を与えることができるそうです。

 

良くも悪くも、僕の事務所、自宅共にモノが減りました。本当に必要なものだけに囲まれている感じです。

新しいモノを購入する場合は、古いモノを処分するという前提で購入するなど、「所有」に関するルールも出来上がってきております。(定期的にアップデートが必要かと思いますが。。。)

掃除をしてスッキリすることにより、色々な面でプラスを感じております。

今日の大掃除も短時間で完了させることができたのもプラスのことと考えております。部屋、心を整え続けながら、来年の大掃除の頃には、新たな気付きがあるのかもしれません。

ちなみに、来年の大掃除は、12月26日(土)に行います。

 





この記事へのコメント送信
(すべて必須事項です)



記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

プロフィール(詳細
阿部雄一郎
阿部 雄一郎(あべ ゆういちろう)
1975年 アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。
1999年 札幌の大学を卒業後、渡米。
米国ニュージャージー州の私立工科大学大学院に入学。
(コンピュータサイエンス専攻、理学修士(M.S.)課程修了)
システムエンジニアとして、様々な業種の法人様向けにシステムのご提案し、導入・管理をご支援して参りました。
今までの経験を活かし、グローバル化、多様性社会の時代にて、新たな価値を創造していきます。
記事検索
書籍紹介
  • 「仕事ができる」とはどういうことか?

    今まで腑に落ちないでいた気持ちが、スッキリしました。
    「右脳」と「左脳」両方のバランスに秀でた人間を目指し、精進を続けて参ります。

    「学び」を感じることができる書籍です。

  • 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

    中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。

  • ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA

    昨年4月12日、国際フォーラムでのコンサートに行ってきました。

    コンサート終了後、ファンクラブに入会。
    今後は、ツアーが開催される際、必ず行くつもりです。

最近の投稿記事
  • いかなる問題も、それをつくりだした・・・

    投稿日:2020年10月18日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。」 物理学者アインシュタインの格言です。 &n […]


    本文を読む

  • 過去から学び、今日のために生き・・・

    投稿日:2020年10月12日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」 ノーベル賞受賞物理学者の格言です。 この格言が、僕にはとてもス […]


    本文を読む

  • 画期的な解決策のヒントが得られることも・・・

    投稿日:2020年10月09日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「問題を別の角度から捉え直せば、画期的な解決策のヒントが得られることもある。」 米国の発明家・起業家の格言です。 問題に直面 […]


    本文を読む

  • ハロー効果

    投稿日:2020年10月08日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「ハロー効果」とは、   表層的な部分に囚われて、実際を過大評価してしまう時に働いている効果のこと   […]


    本文を読む

  • 自己分析

    投稿日:2020年09月27日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   ブログの「キーワード」を「過去回帰」と定め、その「キーワード」の則った内容を投稿するようにしております。 変えることのできな […]


    本文を読む