Those who dare to・・・

投稿日:2021年02月07日(日)

冒険力




「Those who dare to fail miserably can achieve greatly.」

アメリカ歴代大統領 ジョン・F・ケネディーの格言です。

 

行動経済学によるものなのでしょうか。

「損失回避」の力が作用して、現状維持バイアスが働いてしまうのは、人間にとって、当たり前に近い感覚なのだと思っております。

 

「損得勘定」で動いてしまうことが、根本的な問題であると考えております。

「失敗すること」は、「損」以外の何ものでもないと考えてしまうのでしょう。

 

皆、目先のことだけを考えると、やはり「損」ではなく、「得」を求めてしまいます。

他人との「競争」による勝ち負けも、損得と考えてしまいます。

 

「惨めなまでに失敗」は、「損」なのか、「得」なのか。

最近、そんなことを考えたりしておりますが。。。

 

人間社会で生きていると、あらゆるところで、「比較」をしてしまう。

その比較のほとんどが、他人とのもの。

 

「長いものに巻かれる」のは、周りを意識しての行動である解釈すると、他人との「比較」から起こる事象ではないだろうか。

 

そもそも、何が「得」で、何が「損」なのだろうか。

最近、思うことがある。

「損得勘定で動く人たちとの接点」があること自体が、「損」なのではないだろうか。

そのような人たちとの接点により、目先の損得に右往左往させられてしまうことが、少なからずある。

 

そのような場合、目先の損得により、成功、失敗を計ってしまう。

そのような行為は、長い目で見ると、俯瞰してみると、「失敗」と解釈せざるを得ないような気がする。

 

「惨めなまでの失敗」は、「成功」であると考えている。

その失敗から、学べることが、相当数存在している。

それらの学べることに気付くことができれば、「成功」と考えて良いと思う。

「人間万事塞翁が馬」

一言でまとめるのは、少し乱暴な気はするが、スッキリはする。

 

今、自分がやっていることを見つめてみる。

「惨めなまでに失敗する勇気」をもって、取り組めているのだろうか。

失敗を回避しようとする力が、働いているのではないだろうか。

 

成功なのか失敗なのかは、考えていない。

「今やるべきことをやることにより、何を得ることができるのだろう。」

必ず、プラスになる何かが存在している。

それだけを考えて、事に取り組むようにしている。

余計なことを考えると、「惨めなまでの失敗」を恐れるだけなのだと感じている。

 

この格言により、偉大なことを成し遂げることが可能かどうか以前の問題として、「失敗する勇気」を養っていかなければと思わされた。

 

(惨めなまでに失敗する勇気がある人こそ、偉大なことを成し遂げる。)

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。
最近の投稿記事
  • 義を見てせざるは勇無きなり

    投稿日:2020年08月31日(月)

    論語にある有名なフレーズです。 敢えて、「義」という大義名分を無理矢理創り出し、「勇無き」を避けるためのアクションを起こしてみました。   「マインドブロック」とは、恐ろしいものです。 今まで何だったのだろうと […]


    本文を読む

  • 人間の長所は欠点が・・・

    投稿日:2020年11月14日(土)

    「人間の長所は欠点があるということである。」 ユダヤの格言です。   欠点のない人間は、存在しないと解釈して良いのでしょう。 「長所」と「短所」は、表裏一体のように感じております。 長所は、ときに短所になり得た […]


    本文を読む

  • アンドリュー・ジャクソン

    投稿日:2019年12月24日(火)

    第7代アメリカ合衆国大統領、アンドリュー・ジャクソンは、現在のアメリカ20ドル札紙幣の表に印刷されております。 中学校時代、歴代アメリカ大統領を暗記したことがありましたが、「ワシントン」、「ジェファーソン」、「リンカーン […]


    本文を読む