誠実にして、はじめて禍を・・・

投稿日:2021年03月02日(火)

戦闘力




「誠実にして、はじめて禍を福に変えることができる。術策は役に立たない。」

江戸時代の農政家 二宮尊徳の名言です。

「代表的日本人」で紹介されている5人の中の1人です。

 

ここ1年の騒動により、「禍」という文字を見ると反応してしまうようになってしまいました。

落ち着く気配を感じることができないことを残念に思っております。

「禍」が、「福」に変わらないのは、術策が原因なのでしょうか。

 

それよりも、今回の世界的な「禍」から派生して起こった「禍」に奔走されている方々に対して、他人事とは思えない気持ちがあります。

奔走しながらも、「誠実さ」により、「福」に変えている方々も少なくないようで、見習わなければと思わされております。

 

今後、どのような「禍」が起こってたとしても、それに対しての「術策」が続いていくのだろうかと考えると、切ない気持ちになってしまうのですが。。。

 

巷間、「禍」は、足元に転がっている。

わざわざ拾う必要はないが、拾おうと思えば、拾えるほどではないだろうか。

 

基本的に、自分自身に起こるネガティブな事象を「禍」と解釈してしまう。

「禍」が起こる度に、自分の非力さなどを憂いてしまう。

 

「禍」が運んでくるネガティブな感情を、どこかで断ち切る必要性に迫られる。

何もしなければ、ネガティブな感情が増幅していくが故、どこかで断ち切りたいと考える。

 

ネガティブな感情には、ある程度の「共通点」が存在しているような気がしている。

最近、過去の「禍」を振り返ってみて、ふと感じた。

 

自分の力では、どうすることもできないこと。

これが、「禍」なのではないだろうか。

わかりやすいところでは、自然災害も「禍」になる。

 

この定義が正しいのであれば、「禍」に対してどうこう考えるのではなく、自分自身で、できることは何かを考えていく方が、建設的であるように感じている。

自分に落ち度はないか、自分の言動により引き起こした「禍」ではないか。

考え出したら、改善点は、沢山見つかる。

その改善点を改善すべく、アクションを起こすか否かも、自分自身でできることに含まれるだろう。

 

今回の件、ウィルスを敵視することは、「誠実」な対応なのだろうか。

人間の身体の中には、多くの細菌やウィルスが存在している。

ウィルスについては、宿主との共存という解釈が正しいようだ。

 

うがい、手洗いはもちろんのこと、

基礎代謝を上げる。

血行を良くする。

誠実に取り組めることは、沢山ある。

 

が、この1年、その「誠実さ」について、多くを語られることは少なく、「人数」などに焦点が当てられていたような気がする。

 

「禍が訪れたとき、それを誠実に解決し、「福」に変える方法は何だろう?」

この名言により、術策ではない方法を見つけ出す「術」を身に付ける必要があると思わされた。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • ルーティンワーク

    投稿日:2020年06月12日(金)

    「「今やるべきことに集中する」ことに集中する」 最近、マイテーマとして掲げました。 余計なことを考えて、気が散って、別のことを気にし始めて、、、集中できないときの対策で頭を悩ませていました。   少し前まで、S […]


    本文を読む

  • 代表的ロールモデル(1)

    投稿日:2019年12月29日(日)

    ロールモデルとして憧れている沢山の方々から、書籍などを通して勉強させていただいております。その中から、最も影響を受けた5名の方々。 内村鑑三先生に対する敬意の意味のみで、記事のタイトルとしました。 失礼をご海容いただけれ […]


    本文を読む

  • コーチング

    投稿日:2020年02月20日(木)

    2018年8月。 僕は、セルフブランディングの先生のセッションを受けました。   札幌に戻って以降、東京に対しての「大都会」というイメージが、日に日に増しておりましたので、久しぶりの東京と東京人との接触両方に、 […]


    本文を読む