“そんなバカな” と思われる・・・

投稿日:2021年03月03日(水)

創造力




「“そんなバカな” と思われることから、創造は生まれる。」

日本の将棋棋士 羽生善治氏の名言です。

 

一見して馬鹿げていないアイディアは・・・」と同じことを仰っているような気がします。

偉人と呼ばれる方々は、同音異口で、突き詰めれば、皆同じことを感じているのかもしれまえん。

 

「コンビニ弁当」が、「そんなバカな」の代表的なものであると考えております。

「誰が買うんですか?」

「誰も買いませんよ。」

といった反対意見を「そんなバカな」で括ることができるのではないでしょうか。

このお話を伺ったとき、鳥肌が立つような感覚でした。

 

「そんなバカな」から始まったアイディアは、今では「当たり前」になっております。

「当たり前」になるまでのプロセスで、「そんなバカな」が繰り返されていたのかもしれませんが、今の世の中では、「コンビニ弁当」は当たり前のこと。

 

「当たり前」になるまでの「がっかりタイム」をどのように過ごすか次第なのかもしれませんが。。。

 

仮に、自己肯定感が高く、自分に自信があったとしても、必ず不安に感じる要素がある。

「自分は絶対正しい!!」

そんな風に思える人は、逆に自己肯定できていない人なのではないだろうか。

 

「自分が考えていることは、絶対に正しい!!」

そう信じて、何らかのアクションを起こしたとしても、周りからの反対により、自分の考えを否定しなければいけない状況に陥るような気がする。

 

そんなことを繰り返していると、

「面白いアイディアがひらめいた。でも、既に誰かがやっているだろうなぁ。」

「自分が考えるアイディアは、斬新とは言えないなぁ。」

自分の閃き、考えに自信が持てなくなる。

 

もしかしたら、自分自身が、「そんなバカな」と感じてしまっているのかもしれない。

そう感じてしまったら、折角のアイディアもアイディアのままで終わってしまう。

 

毎日、色々なことを考えるようにしている。

何もない白紙の状態から考えるのではなく、目の前にある何かを拾って、その何かをネタに考えるようにしている。

 

「世の中は、こう考えているよな。でも、こう考えたらどうなるだろう。。。こういう考え方は理に適っているだろうか。。。」

時間を忘れて考えていることもある。

「ブレインストーミング」という表現は、格好つけ過ぎかもしれないが、それ似たものと解釈している。

 

ほとんどの場合、「普通だよな。。。他でもやってるな。。。」ある程度リサーチを行った末、「普通のアイディア」という結論に至る。

 

目の前にあるものに対して、「好き・嫌い」「面白い・面白くない」「右・左」などの批評は、誰にでもできることだろう。

 

「そんなバカな」と思われることは、「そんなバカな」と思われるアクションから導かれるのかもしれない。

まずは、群集心理とは違うアクションを意識してみるべきなのかもしれない。

 

この名言により、そんなことを考えさせられた。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。
最近の投稿記事
  • 望郷の念

    投稿日:2020年01月29日(水)

    生まれた場所、育った場所、住んでいた場所。。。 「故郷」、「第二の故郷」などの表現により、色々な場所を「故郷」と思うことがあると思います。   僕の場合、生まれた場所は、住んでいたのが2歳までということもあり、 […]


    本文を読む

  • 英国紳士 – ユーモア

    投稿日:2020年03月12日(木)

    小学校低学年の頃、国語の授業で、川柳を作る宿題が出たことを思い出しました。 品性など気にもしない年ごろということで片付けて良いのだと思います。 発表された川柳に、「品格」を感じることはありませんでした。 それでも、「笑い […]


    本文を読む

  • Quality Assurance

    投稿日:2019年12月11日(水)

    仕事を探し始めたのは、結局2001年、同時多発テロより前のことだったと思います。   まずは、キャンパス内で、アルバイトを探しました。 掲示板に求人募集があれば、メールで連絡をし、 「その件については、○○○へ […]


    本文を読む