病気の治療薬よりも・・・

投稿日:2021年03月14日(日)

分解力




「病気の治療薬よりも、それを防ぐ方法を私は探す。」

フランスの生化学者 ルイ・パスツールの名言です。

 

お陰様で、10年以上、医療機関のお世話になることなく過ごすことができております。

風邪気味で調子が芳しくないことは、何度かありましたが、数える程度でしたし、身体を温めて寝ることで、凌いで来れました。

 

薬に頼ることもしなくなりました。

以前は、頭痛を感じると、痛み止めを飲むようにしてましたが、最近は全くお世話になっておりません。

 

大きな病気であれば、明らかに別の話ですが、例えば頭痛の場合、相談すべきは、医療機関ではないような気がしております。

肩こりからくる頭痛、ストレスからくる頭痛、医学とは違う観点での解決策が有効であると考えております。

 

この解釈が正しいか否か、わかりかねておりますが。。。

 

「他人と過去は変えられないが自分と未来は変えられる。」

カナダの精神科医 心理学者 エリック・バーンの名言。

自己啓発の書籍などで、頻繁に紹介されている。

 

人間は、変えることのできない「他人と過去」により、どれだけ悩んでいるのだろう。

それらの悩みから派生して、色々な問題が起こる。

これを繰り返している限り、「病気」とは無縁の生活を送ることが困難になるように思う。

 

「病気」と背中合わせの生活が続く限り、「病気」を治すための「治療薬」が必要になる。

自然の摂理ではないだろうか。

 

問題は、治療薬を求める人の数なのだろう。

世の中のマジョリティが、治療薬を求めているのだろう。

 

需要があるが故に、供給する。

逆に、需要がなければ、供給もない。

これも、自然の摂理ではないだろうか。

 

「病気を防ぐ方法を探す。」

マイノリティの考え方なのかもしれない。

 

「群集心理を避けよ」

行きつくところは、ここなのだろう。

マジョリティが求めるものとは違うものを求める。

やはり、自分にとっては、「病気を防ぐ方法を探す」ことの方が、スッキリする。

 

病気を防ぐ方法は、沢山存在する。

どの方法を選択するかは、それぞれの決断によるものだと思う。

それ以前に、変えることのできる「自分と未来」に集中することから始まるのだと思う。

 

「病は気から」

余計なことを考える余地が、余計な気持ちを抱かせる余地を与え、病気の原因になり得るような気がしている。

何よりも、変えることのできる「自分」を病気とは無縁の「自分」に変えることで、変えることのできる「未来」を病気とは無縁の「未来」に変えることができるのでは。

 

この名言により、マジョリティの求めるものが、必ずしも正解ではないと確信して良いと思うことができた。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。
最近の投稿記事
  • いかなる問題も、それをつくりだした・・・

    投稿日:2020年10月18日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。」 物理学者アインシュタインの格言です。 &n […]


    本文を読む

  • 諸君にとって最も・・・

    投稿日:2021年01月15日(金)

    「諸君にとって最も容易なものから始めたまえ。ともかくも始めることだ。」 スイスの法学者 ヒルティの格言です。   何かを始めるとき、何から始めて良いのかがわからず、結局、何も始めることができなかったということが […]


    本文を読む

  • 青は藍より出でて・・・

    投稿日:2020年07月13日(月)

    自分が「親」になることを想像したことはありませんでした。 結婚してからも、全く想像すらしておりませんでした。 が、8年前、ご縁に恵まれ、「親」になりました。   最近、あのころのことを思い出す機会がありました。 […]


    本文を読む