病気の治療薬よりも・・・

投稿日:2021年03月14日(日)

分解力




「病気の治療薬よりも、それを防ぐ方法を私は探す。」

フランスの生化学者 ルイ・パスツールの名言です。

 

お陰様で、10年以上、医療機関のお世話になることなく過ごすことができております。

風邪気味で調子が芳しくないことは、何度かありましたが、数える程度でしたし、身体を温めて寝ることで、凌いで来れました。

 

薬に頼ることもしなくなりました。

以前は、頭痛を感じると、痛み止めを飲むようにしてましたが、最近は全くお世話になっておりません。

 

大きな病気であれば、明らかに別の話ですが、例えば頭痛の場合、相談すべきは、医療機関ではないような気がしております。

肩こりからくる頭痛、ストレスからくる頭痛、医学とは違う観点での解決策が有効であると考えております。

 

この解釈が正しいか否か、わかりかねておりますが。。。

 

「他人と過去は変えられないが自分と未来は変えられる。」

カナダの精神科医 心理学者 エリック・バーンの名言。

自己啓発の書籍などで、頻繁に紹介されている。

 

人間は、変えることのできない「他人と過去」により、どれだけ悩んでいるのだろう。

それらの悩みから派生して、色々な問題が起こる。

これを繰り返している限り、「病気」とは無縁の生活を送ることが困難になるように思う。

 

「病気」と背中合わせの生活が続く限り、「病気」を治すための「治療薬」が必要になる。

自然の摂理ではないだろうか。

 

問題は、治療薬を求める人の数なのだろう。

世の中のマジョリティが、治療薬を求めているのだろう。

 

需要があるが故に、供給する。

逆に、需要がなければ、供給もない。

これも、自然の摂理ではないだろうか。

 

「病気を防ぐ方法を探す。」

マイノリティの考え方なのかもしれない。

 

「群集心理を避けよ」

行きつくところは、ここなのだろう。

マジョリティが求めるものとは違うものを求める。

やはり、自分にとっては、「病気を防ぐ方法を探す」ことの方が、スッキリする。

 

病気を防ぐ方法は、沢山存在する。

どの方法を選択するかは、それぞれの決断によるものだと思う。

それ以前に、変えることのできる「自分と未来」に集中することから始まるのだと思う。

 

「病は気から」

余計なことを考える余地が、余計な気持ちを抱かせる余地を与え、病気の原因になり得るような気がしている。

何よりも、変えることのできる「自分」を病気とは無縁の「自分」に変えることで、変えることのできる「未来」を病気とは無縁の「未来」に変えることができるのでは。

 

この名言により、マジョリティの求めるものが、必ずしも正解ではないと確信して良いと思うことができた。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • もっとも平安な、そして・・・

    投稿日:2020年10月26日(月)

    「もっとも平安な、そして純粋な喜びの一つは、労働をした後の休息である。」 ドイツの哲学者 カントの格言です。   最近、仕事をしていて感じることがあります。 仕事に限らず、他人との接点により成り立つ事象は、全て […]


    本文を読む

  • 他人を感動させるには・・・

    投稿日:2020年10月13日(火)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「他人を感動させるには、人と違った気配りを見せることです。」 米国の教育家・牧師の格言です。 この格言からのメッセージを肝に […]


    本文を読む

  • 代表的ロールモデル(5)

    投稿日:2020年01月04日(土)

    どのような宗教でも認めている「人間の欲」というものがあります。 飲食業、弁当・総菜製造業、、、食欲を満たすものや、宿泊業、寝具を含めた製造業、、、睡眠欲を満たすものは、何の偏見もなく溢れております。 ただ。。。 コンビニ […]


    本文を読む