私は人を信じて失敗・・・

投稿日:2021年03月26日(金)

戦闘力




「私は人を信じて失敗することがあっても、人を疑って失敗することは絶対無いようにしたい」

幕末の思想家 吉田松陰の名言です。

 

「世の中、色々な人がいるから。」

こんな表現をよく耳にすることがあります。

長い間、自分もそう思っておりました。

格好良く言えば、「多様性」なのかもしれませんが、ちょっと違うような気がしております。

 

「類は友を呼ぶ」

人間は、自分と同じような人とのお付き合いに終始するものだと思います。

そう考えると、「色々な人がいる」という表現は、「考え方が色々ある」という意味なのでしょうか。

この表現は、あまりポジティブな意味で使用されないような気がしております。

「「自分とは違う考え方」の色々な人がいる。」

という解釈は、間違いなのでしょうか。

 

「世の中、色々な人がいる」故に、人を簡単に信じてはいけないというニュアンスを含んでいるような気がしておりますが。。。

 

「友を見ればその人が分かる」

意訳の必要がない、理解しやすい諺だと思う。

 

自分の周りに変な人がいるならば、自分が変だからと考えるようにしている。

自分の周りが、素敵な人で溢れているのであれば、自分も素敵な人であると自信を持って良いのだと思う。

 

逆に考える方が、より正しい響きに感じる。

自分が疑い深い人であるなら、同じように疑い深い人が周りに沢山いる筈。

疑い深い同士の人間関係に、ポジティブな出来事は無縁な気がする。

 

「人を信じる」という行為。

とても難しい行為であるという実感がある。

どうしても、相手のネガティブな部分が見えてきたりすると、信じることを躊躇ってしまうこともある。

ポジティブなところだけを見過ぎて、信じ過ぎることに不安を抱いてしまうこともある。

 

ポイントは、相手をどう見るかではないような気がしている。

自分自身が、どのようなスタンスで相手と接するかではないだろうか。

信じたり、疑ったりするのではなく、相手がどのような人なのかを理解しようとする流れの中で、良い人間関係を構築することができるような気がしている。

 

「信じて良いのだろうか?」

「騙されたらどうしよう。。。」

そんなことを考えるのであれば、人とのお付き合いは、不可能に近いのではないだろうか。

 

信じて失敗しても、人を疑って失敗しても、次に繋がる何かを得ることができるのであれば、両方とも失敗ではないと考えている。

「信じたのに裏切られた。」と思ったとき、自分にもその要素があると自覚すべきではないだろうか。

 

この名言により、疑うことが、愚行であることを実感させられた気がしている。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。
最近の投稿記事
  • 常識で考えることが・・・

    投稿日:2021年02月27日(土)

    「常識で考えることがいかに不合理かを肝に銘じよう。常識とは多数派の理論にすぎない。」 日本の実業家 三木谷浩史氏の名言です。   世の中の常識は、いつも手強いものです。 そんな風に感じさせられる常識が、多々ある […]


    本文を読む

  • 最も多くの人間を喜ばせた・・・

    投稿日:2020年11月07日(土)

    「最も多くの人間を喜ばせたものが、最も大きく栄える。」 戦国武将 徳川家康の格言です。   「顧客満足」を追求することにより、利益が生まれるというような話を耳にします。 「満足させること」と「喜ばせること」を同 […]


    本文を読む

  • 青は藍より出でて・・・

    投稿日:2020年07月13日(月)

    自分が「親」になることを想像したことはありませんでした。 結婚してからも、全く想像すらしておりませんでした。 が、8年前、ご縁に恵まれ、「親」になりました。   最近、あのころのことを思い出す機会がありました。 […]


    本文を読む