簡潔こそが英知の真髄である

投稿日:2021年04月01日(木)

表顕力




「簡潔こそが英知の真髄である」

イングランドの作家 シェイクスピアの格言です。

 

何かを動かすとき、登場人物が、一人増えることにより、複雑さが増すような気がしております。

できるだけ簡潔にことを進めるためには、「無駄」なく進めるための環境を整えたいと思うのですが、そう「簡潔」に物事を捉えるのは、「簡潔」過ぎるのでしょうか。

 

昔、ある団体に所属していたころのことを思い出しました。

組織であるが故に、派閥のようなものが存在し、ドロドロとした人間関係が構築されておりました。

各派閥が、それぞれ独立したものであれば、「簡潔」なのですが、派閥間での諸々が存在しております。

それらが、事を「複雑」にしているように感じたことを思い出しました。

 

「それぞれの出来事は、とてもシンプルな筈なのに・・・」

何処で「複雑」になって行くのでしょうか。

若しくは、自分自身が、何処かで「複雑」にしているような気もしますが。。。

 

「専門家とは、難しい話を簡単に説明できること」

何処かで、そんな風なことを耳にしたことを覚えている。

学問の世界では、良く言われていることなのかもしれない。

 

例えば、専門用語を使う場合、一言で説明ができるのだが、その用語を知らない人には、通用しない。

専門用語を使わずに説明することを求められる。

その際、良く活用されるのは、例え話ではないだろうか。

相手の知っていそうな内容に例えて話すことで、理解してもらえたりする。

「簡潔」という単語から、そんなことを連想した。

 

最近、「裸の王様」を連想させる事象に触れる機会が多いように思う。

「間違いなく、この王様は、裸だよな。。。皆、気付いていないのだろうか?気付いていないふりをしているのだろうか?」

具体例は割愛するが、そんな風に思わされることが沢山ある。

 

「王様は裸です。」

と誰かが言えば、「簡潔」に事を進めることができる気がしてならない。

誰もそう言わないが故に、複雑に事が進んで行くのではないだろうか。

そもそも、王様は、自分が裸であることに気付いているのだろうか。

 

色々なことが複雑になって行くのは、最初の段階で決まると確信している。

臭いものに蓋をして進む事象は、必ず複雑化していく。

「王様が、裸である。」という事実は、臭いものでしかない。

そこに蓋をすることなく進めることができれば、複雑化を助長する要素が減っていくのではないだろうか。

 

余り考え過ぎずに、直感に従ってアクションを起こす。

実に「簡潔」な考え方であるように思う。

 

英知の真髄を求めて、いかに「簡潔」にことを進めるかを意識し続けて行こうと思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。
最近の投稿記事
  • 上善若水

    投稿日:2020年08月23日(日)

    「上善若水」 道に達した人は、水のようなものという意味です。 では、水とは何なのでしょうか。   すべてのものに恵みを施す。 すべてのものと争わない。 多くの人々が嫌う場所に好んで就こうとする。 水こそ「道」の […]


    本文を読む

  • 深く探究すればするほど、知らなくてはならないことが見つかる

    投稿日:2021年04月12日(月)

    「深く探究すればするほど、知らなくてはならないことが見つかる。」 ドイツの物理学者 アインシュタインの格言です。   「人は見た目が9割」を意識してなのか、高級品で身を固める人が少なくないように思います。 身に […]


    本文を読む

  • しばしば、直観が頼みの綱になる

    投稿日:2021年03月31日(水)

    「しばしば、直観が頼みの綱になる」 アメリカの実業家 ビル・ゲイツの名言です。   3カ月前に書いた記事を改めて見ようと思いました。 今の心境では、この名言をどのように捉えるのか。 それを確認したくなりました。 […]


    本文を読む