心の月を先立てて

投稿日:2019年12月15日(日)

戦闘力




「曇りなき 心の月を 先立てて 浮世の闇を 照らしてぞ行く」

伊達政宗公の辞世の句です。

 

今年に入ってから特にですが、京セラの稲盛和夫名誉会長のお言葉を大切に、日々を過ごしております。

「動機善なりや、私心なかりしか」

 

昨年からお世話になっている方から、このようなお言葉をいただきました。

「自分だけの善悪を通して、力強く、心身を守ってください。」

 

この3つのメッセージが、同じことのように感じております。

自分自身の心をしっかりと整え、自分自身の「善」に従って、前を向いて進んでいこうと思っております。

 

今朝、稲盛名誉会長の著書を改めて読み返していました。

そのときに感じたことです。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 諸君にとって最も・・・

    投稿日:2021年01月16日(土)

    「諸君にとって最も容易なものから始めたまえ。ともかくも始めることだ。」 スイスの法学者 ヒルティの格言です。   何かを始めるとき、何から始めて良いのかがわからず、結局、何も始めることができなかったということが […]


    本文を読む

  • 閃き

    投稿日:2020年05月07日(木)

    毎日、少なからず、何か新しい気付きに恵まれております。 昔のことを思い出すことによる気付き。 偶然目に入ってきた事象からの気付き。 様々ではありますが、「あっ!!」と思わされることが多々あります。 多くの気付きを得ること […]


    本文を読む

  • 理をもって接する 理をもって戦う

    投稿日:2020年10月10日(土)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「「仕事ができる」とは、どういうことか?」 というタイトルの著書が、昨年、話題になりました。   「スキルのデフレ […]


    本文を読む