何かが障害として立ちはだかっているように感じても、実際には何もない

投稿日:2021年04月04日(日)

戦闘力




「何かが障害として立ちはだかっているように感じても、実際には何もない。」

アメリカの元NBA マイケル・ジョーダンの格言です。

 

毎日、「普通」に過ごしていると、「普通」のことしか起こらないことに気付くことができました。

そこに、「障害」と言えるようなものは、存在しません。

それでも、比較の問題なのでしょうか、普通の中で感じる「障害」があるのかもしれません。

 

比較の問題ですので、人によっては、「そんなこと?」と言われるようなことを「障害」に感じたり、「大変だね!!」と言われるようなことを「障害」に感じなかったり。

人それぞれ、感じ方が違うが故、色々な「障害」が存在しているのでしょう。

 

ソフトウェアの場合、「システム障害」など、ハッキリとした「障害」が存在しているのかもしれませんが。。。

 

「世間は、君の自尊心を気にかけてはくれない。」

あらゆる「障害」を創り出すのは、「自尊心」であると確信している。

この単語は、「プライド」と同義に使われることが多いようではあるが、同義語として捉えて良いのかを疑問に感じている。

 

「自尊心」とは、「自分はすごい!!」と思いたい心だと思っている。

「自分がすごい!!」と思えない気持ちに対して作用する心であると思っている。

 

それに対して、「プライド」は、何らかの裏付けがあり、その裏付けから得ることのできるものではないだろうか。

「実績」「経験」など、何らかの形が、裏付けとなって、本人に宿るものではないだろうか。

 

この定義が正しいという前提の基に、話を進めることができるのであれば、「障害」は、自尊心が創り出すものであると考える。

 

「失敗したらどうしよう。。。」

「自分はすごい!!」という気持ちを否定せざるを得ない状況を避けたい。

「自分はすごくない。」ことを認めざるを得ない状況を避けたい。

 

実際には、何もない。

自分が、何かを創り出しているだけの話。

 

「失敗してもいいよね。」

そんなスタンスで事に臨むことができれば、障害など存在しないことに気付ける。

失敗したら。。。

失敗した分、「障害」を乗り越えるべく強さが備わったと考えることができる。

 

良くも悪くも、目の前のことを受け入れ、結果を恐れずに進む事させできれば良いのではないだろうか。

 

この名言により、「障害」に限らず、自分自身が、無意識のうちに勝手に創り出している何かに惑わされていることを認識できた。

実際には、何もないにも関わらず・・・

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 凡事徹底

    投稿日:2020年12月27日(日)

    今年1年、至る所で、よく耳にしました。 「凡事を徹底する。」 凡事とは何か、わかりかねていた時期もありました。 途中、「凡事」を「小さなこと」と解釈して、徹底を試みてみました。   「そんなこと、誰も気にしない […]


    本文を読む

  • 人にものを教えることは・・・

    投稿日:2020年11月11日(水)

    「人にものを教えることはできない。自ら気づく手助けができるだけだ。」 イタリアの天文学者 ガリレオの格言です。   「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる。」 巷間、よく耳にする話かと思います。 […]


    本文を読む

  • 群衆心理を避ける

    投稿日:2019年11月26日(火)

    アメリカの著名投資家の言葉です。 この言葉は、投資の世界に限ったことではないような気がしております。 また、最近特にそうに感じます。 日常生活の中で決断を迫られる時、群集心理を避けるべく決断をすると、意外な展開だったり、 […]


    本文を読む