何かが障害として立ちはだかっているように感じても、実際には何もない

投稿日:2021年04月04日(日)

戦闘力




「何かが障害として立ちはだかっているように感じても、実際には何もない。」

アメリカの元NBA マイケル・ジョーダンの格言です。

 

毎日、「普通」に過ごしていると、「普通」のことしか起こらないことに気付くことができました。

そこに、「障害」と言えるようなものは、存在しません。

それでも、比較の問題なのでしょうか、普通の中で感じる「障害」があるのかもしれません。

 

比較の問題ですので、人によっては、「そんなこと?」と言われるようなことを「障害」に感じたり、「大変だね!!」と言われるようなことを「障害」に感じなかったり。

人それぞれ、感じ方が違うが故、色々な「障害」が存在しているのでしょう。

 

ソフトウェアの場合、「システム障害」など、ハッキリとした「障害」が存在しているのかもしれませんが。。。

 

「世間は、君の自尊心を気にかけてはくれない。」

あらゆる「障害」を創り出すのは、「自尊心」であると確信している。

この単語は、「プライド」と同義に使われることが多いようではあるが、同義語として捉えて良いのかを疑問に感じている。

 

「自尊心」とは、「自分はすごい!!」と思いたい心だと思っている。

「自分がすごい!!」と思えない気持ちに対して作用する心であると思っている。

 

それに対して、「プライド」は、何らかの裏付けがあり、その裏付けから得ることのできるものではないだろうか。

「実績」「経験」など、何らかの形が、裏付けとなって、本人に宿るものではないだろうか。

 

この定義が正しいという前提の基に、話を進めることができるのであれば、「障害」は、自尊心が創り出すものであると考える。

 

「失敗したらどうしよう。。。」

「自分はすごい!!」という気持ちを否定せざるを得ない状況を避けたい。

「自分はすごくない。」ことを認めざるを得ない状況を避けたい。

 

実際には、何もない。

自分が、何かを創り出しているだけの話。

 

「失敗してもいいよね。」

そんなスタンスで事に臨むことができれば、障害など存在しないことに気付ける。

失敗したら。。。

失敗した分、「障害」を乗り越えるべく強さが備わったと考えることができる。

 

良くも悪くも、目の前のことを受け入れ、結果を恐れずに進む事させできれば良いのではないだろうか。

 

この名言により、「障害」に限らず、自分自身が、無意識のうちに勝手に創り出している何かに惑わされていることを認識できた。

実際には、何もないにも関わらず・・・

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。
最近の投稿記事
  • ホームページリニューアル

    投稿日:2020年09月01日(火)

    昨年、ホームページを刷新して以来、コンテンツを何度か更新してきました。 その都度、気分を変える意味でも、デザインを変更しました。   ネット上には、無料で使えるテンプレートが沢山存在し、自分のイメージに合ったも […]


    本文を読む

  • 困るということは、・・・

    投稿日:2021年01月13日(水)

    「困るということは、次の新しい世界を発見する扉である。」 アメリカの発明家 エジソンの格言です。   「困る」という状況は、色々な場面で直面します。 右往左往しまったり、気持ちを穏やかに保てなくなったり、メンタ […]


    本文を読む

  • 投稿日:2020年02月08日(土)

    「人間はひとくきの葦(あし)にすぎない。 自然のなかで最も弱いものである。 だが、それは考える葦である。」   ブレーズ・パスカルの代表作、「パンセ」の中の一節です。 大学時代、自動車教習所の先生から初めて聞か […]


    本文を読む