人間の長所は欠点があるということである

投稿日:2021年04月25日(日)

表顕力




「人間の長所は欠点があるということである。」

ユダヤの格言です。

 

良し悪しは別として、「完璧主義」である自分自身を認識しております。

当然、完璧などはあり得ませんので、「完璧はあり得ないという前提で完璧を目指す」ことにしております。

お陰様で、「完璧ではない自分」を憂いたりすることもなく、心が折れることもなくなりました。

 

それでも、「完璧」をイメージしてしまいますので、「より良く」を積み重ねることに集中し、その先にあるであろう「完璧」を目指すことにしております。

 

何かで躓いたり、失敗したりしても、落ち込むことはなくなりました。

躓き、失敗を「より良く」するための機会として捉えております。

 

そんな感覚で毎日を過ごしていると、小さなことを気にすることがなくなったように感じております。

とても楽な気持ちで、過ごすことができているようです。

 

間違いなく、沢山の「欠点」が存在している筈なのですが。。。

 

優劣、上下など違いは、「比較」によるものである。

「比較」さえしなければ、上も下も存在しない。

それでも、人間は、「他人との比較」に振り回されてしまう。

何もかもが違うことを自覚している筈なのに、比べてしまう。

 

「長所と短所」

「長所」と思えることが、時と場合で、「短所」になり得る。

「短所」と思えることが、時と場合で、「長所」になり得る。

 

「長所」と「短所」の両方を「キャラクター」として捉えると、楽になる気がする。

何が「長所」で、何が「短所」なのかを定義することができないが故、時と場合に囚われずに、全てを「個性」として、プラスに働かせることができれば良いと思っている。

 

比較をすると、自分の良い点、悪い点を露呈される気がする。

良い点を拾って、優越感に浸る。

悪い点を拾って、劣等感に悩まされる。

賢い人のやることではないと確信している。

 

誰かとの比較により、自分の良い点を拾ったのであれば、その良い点をより良くすれば良いだけではないだろうか。

誰かとの比較により、自分の悪い点を拾ったのであれば、その悪い点を改善すれば良いだけではないだろうか。

 

欠点に気付くたびに、改善を試みる。

その後、また別の欠点に気付き、改善を試みる。

欠点により学べることがあるのであれば、その学びを「長所」として機能させることができるような気もする。

 

いずれにしても、完璧な人間など存在しないことを自覚しなければいけないと考える。

「長所」にも「短所」にもなり得る色々な要素を「個性」として持っているのが、人間なのではないだろうか。

 

この名言により、人間は、「良くも悪くも」の要素によって形成されているのではないだろうかと考える機会を得ることができた気がする

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。
最近の投稿記事
  • 人の精神は目にあらわ・・・

    投稿日:2021年03月04日(木)

    「人の精神は目にあらわれる。だから、人を見る時には、目を見ることが大切」 幕末の思想家 吉田松陰の名言です。   最近は、街を歩いていると、マスクを着用した人たちがほとんどである光景にも慣れてきました。 今や、 […]


    本文を読む

  • 日本人のダメなところ・・・

    投稿日:2021年03月05日(金)

    「日本人のダメなところは、前もって準備しようとするところですね。」 日本の実業家 柳井正氏の名言です。   この後、 「はじめは失敗するかもしれないけれども、試行錯誤してこそ現場感覚や異文化を身につけられるので […]


    本文を読む

  • 執着心

    投稿日:2020年10月03日(土)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   手放してきたはずの「執着心」が、自分の中に、未だに存在しているように感じることがあります。 多分、その執着は、モノに対してで […]


    本文を読む