Robotics

投稿日:2019年12月05日(木)

統率力




アジア好きのウィリアムという友人がいました。

ハッキリとした記憶がないのですが、彼と知り合ったのは、選択したクラスで一緒になったのがキッカケだったと思います。

彼は、大学生だったので、年齢的には、僕より後輩になりますが、優秀だったので、大学院のクラスを取っていました。

 

昔からアジアに興味があったようで、アジア人の僕と仲良くしてくれました。

派手な遊びをすることはありませんでしたが、時々食事に行ったり、数少ない友人の一人でした。

 

彼は、大学を卒業して間もなく、台湾に行ったことは聞いておりました。僕が日本に戻ることも伝えてありましたが、しばらく疎遠となってしまいました。

 

先日、ハングアウト経由で、メッセージが届いていることに気付きました。

そのメッセージは、3年前に届いていたものでした。

「今更返信しても。。。」と思いながら、メッセージを送ってみたところ、レスポンスがありました。

 

現在、彼は、テキサスの大学で研究者として働いているそうです。

10年以上前に結婚し、子供も2人いると聞きました。

僕も結婚後、息子に恵まれたのですが、昨年離婚したことを話しました。

 

彼の研究テーマは、Robotics(ロボット工学)とのこと。

人工知能などの台頭もあり、今とても華やかな研究分野だと思います。

 

学会で日本に来たこともあるそうで、アジアへの興味は、以前と変わらいようです。

ハングアウトでの数回のやり取りでしたが、昔を懐かしく思い、やはり会いたくなってきます。

 

彼の研究にも興味があり、今後色々な形で接点を持って行けるような気がしました。

昔の関係が、思いがけない形で復活するものなのであれば、「一期一会」を大切に色々な人と関わっていかなければと思わされます。

 

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。
最近の投稿記事
  • 能力の有無

    投稿日:2020年02月02日(日)

    「FOOTBALL」の販売を開始し、質問力もそこそこ、、、という状態になりました。 では、今後どのように展開していこうか。 とりあえず、地方都市も商業圏と考えて進めて行こうか。 色々なことを纏まりなく考えていた頃でした。 […]


    本文を読む

  • 一事が万事

    投稿日:2020年07月21日(火)

    「気を付けよう。一事が万事だから。」 などのように、今まで、あまり良い意味で使用していませんでした。 「一事が万事。緊張感を持って行こう。」というように活用していた気もします。 が、必ずしも悪い意味ではなく、良い意味で活 […]


    本文を読む

  • 自分の目でものを・・・

    投稿日:2020年11月26日(木)

    「自分の目でものを見て、自分の心で感じる人間がいかに少ないことか。」 ドイツの物理学者 アインシュタインの格言です。   「人は見た目が9割」「ハロー効果」など、様々なことから、確認できる事象かもしれません。 […]


    本文を読む