北の都

投稿日:2019年12月16日(月)

分解力




日本に戻ることが決まり、準備を開始。

2004年12月に一度札幌に戻り、両親にもその旨伝えました。

東京の知人や親戚にもお会いしていただき、今後のことを相談したりもしました。

 

頭の中では、「現在のアメリカに至るまで、日本では5年ほどの時間が必要。」と考えておりましたので、今後のイメージを話たところで、しっかりと伝わるわけがない、、、と今になって思うことです。

 

一応、「ホームページ」という単語は、市民権を得るまでになっておりました。しかし、僕自身はデザイナーではなく、ホームページ制作を生業にするつもりもありませんでした。

 

不本意ながら、ホームページ制作やエクセルファイルの作成を行っておりました。

「そのうち、わかる人に出会えるだろう。。」と漠然とした素敵な出会いを待っていたように思います。

 

知人の紹介などで、色々な方々にお会いする機会に恵まれました。

自分では、全く意識しておりませんでしたが、「アメリカ帰り」というブランドは、インパクトがあったようです。

 

あの頃の自分を分析すると、ないものばかりで残念な気持ちになります。

・利他の精神

・礼儀礼節

・コミュニケーション能力

・プレゼン能力

などですが、他にも沢山欠けていた点があります。

能力的な要素は、テクニックとして身に付けることができるので、根本となるスタンスに問題があったと反省しております。

 

自分が常識だと思っていたことが、全く通用しないことに気付き、苦しくなったことを覚えております。

簡潔に説明する上で有効な「ことわざ」や「四字熟語」などが全然伝わらず、「知っている方がおかしいのか。。。」と悩んだこともありました。

 

「今自分のいる世界が、普通の世界。自分が考えていること、思っていることは、間違っている。」

札幌に戻って間もなく、このような気持ちになりました。

「アメリカに戻るために、一度日本に戻る。」

野球場で抱いた気持ちが、徐々に薄れていくのを感じながら、悩んでいたことを、昨日のことのように感じております。

 

一応、漠然とはしていても、目標だけはありましたので、トライアンドエラーを繰り返しながら、もがいておりました。が、無意識のうちに、楽な方へ流れていった気がします。トライが減っていきましたので、必然的にエラーもなくなりました。「刺激」がなくなっていくのを実感しておりました。

 

決して大きな仕事ではありませんでしたが、色々な関係から仕事の話はありました。

徐々に徐々に、仕様通りにこなすだけの仕事をするようになってしまいました。

 

日本に戻ってから1年も経たずに、気持ちの変化を感じてしまいました。

今となっては、振り返ることすら恐ろしいのですが、「人生の棚卸」の一環として、少しずつまとめていこうと思います。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。
最近の投稿記事
  • この世界で、継続ほど価値のあるものはない

    投稿日:2021年04月09日(金)

    「この世界で、継続ほど価値のあるものはない。」 アメリカの実業家 レイ・クロックの格言です。   どんな小さなことでも、継続することは、簡単ではないと感じております。 「続けるぞ!!」 と決意して始めたことも、 […]


    本文を読む

  • I am proud to be …

    投稿日:2019年12月08日(日)

    父は、北海道の田舎町で生まれ育ち、高校を卒業して、札幌に出てきました。 裕福な家庭ではありませんでしたが、医者になるべく1浪の末、医学部に合格。 卒業後は、臨床には行かず、大学に残り研究生活を始めました。 経済的な理由で […]


    本文を読む

  • 経費削減

    投稿日:2020年07月03日(金)

    「節約」の話題を偶然テレビで見ました。 色々と参考にできることがあり、目からウロコでした。 用もなくコンビニに入って、無駄なものを買ってしまうことがあります。 必要のないものを必要だと思い込んで購入しながら、実は不要だっ […]


    本文を読む