アンドリュー・ジャクソン

投稿日:2019年12月24日(火)

表顕力




第7代アメリカ合衆国大統領、アンドリュー・ジャクソンは、現在のアメリカ20ドル札紙幣の表に印刷されております。

中学校時代、歴代アメリカ大統領を暗記したことがありましたが、「ワシントン」、「ジェファーソン」、「リンカーン」、「ケネディー」、「トルーマン」、「ルーズベルト」などは有名で、簡単に記憶できたのですが。。。

アメリカでの友人の一人、ジョージが、サンクスギビングのパーティーに誘ってくれました。

彼は、ヒスパニックですので、パーティーなどでは、ラテン系のノリの友人が集まります。

いつも、彼から誘われる集まりは、楽しい時間でした。

最初は緊張しておりましたが、何度も会っているメンバーもいたので、次第にアウェー感はなくなっていきました。

 

その時のパーティーで、ジョージが、

「20ドル札の肖像は誰だった?」

と皆に聞きました。

僕は、自分の財布に20ドル札があるか確認しました。ちょうど、20ドル札がありましたので、紙幣の肖像を見て伝えようとしたのですが、誰かわかりませんでした。。。

 

20ドル札をジョージに渡しながら、「わからない。。。」

と伝えると。。。その場に居た全員が、ビックリした表情でした。

 

その時の僕は、「日本で教育を受けているため、アメリカのことは、詳しくなくて。。。すみません。。。」という軽い感じでした。

今振り返ると、どこで教育を受けようが、アメリカに居て、アメリカのことについて無知だったという気持ちです。

 

幸い、間髪を入れずに、ジョージがフォローしてくれました。

「彼は、アメリカで生まれたけど、日本で育っているから。。」

 

そのお陰で、場は落ち着きました。それからは、日本について質問され、思いがけなく、皆との距離を縮めることができました。。

 

が、やはりアメリカについて無知であることを自覚せざるを得ない出来事として、今でも忘れることはありません。

 

「教養」に重きを置き、日々精進を続けております。

学び続けることにより、少しでも多くの「知識」、「知恵」を身に付け、教養のある人間になりたい。そんな純粋な気持ちが、胸中にあります。

 

今に至るまで、沢山の失敗がありました。

「過ちて改めざる 是を過ちという」

失敗したこと、過ったことを改めながら、前を向いて進んでいこうと思っております。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。
最近の投稿記事
  • 試練に直面する経営者

    投稿日:2020年01月08日(水)

    法人との直接の契約により、クライアント様の業務に必要な、効率的なシステムをご提案し、導入、運用、管理といった業務を請け負ってきました。   窓口となる担当者の方が、必ずしも経営者ではない場合もありましたが、経営 […]


    本文を読む

  • けれど空は青

    投稿日:2020年06月29日(月)

    「けれど空は青」 高校時代、大好きだったアーティストの大好きだった楽曲のタイトルです。 この楽曲には、横文字のサブタイトルが付いております。 「close friend」というサブタイトル。   当時、その英単 […]


    本文を読む

  • 気分転換

    投稿日:2020年07月28日(火)

    その日1日にやるべきことを処理していく。 そのような毎日を過ごしております。 そのような毎日を継続できております。   勿論、休憩、息抜きなしに仕事をしている訳ではありません。 昼寝をしたり、仕事とは全く関係の […]


    本文を読む