アンドリュー・ジャクソン

投稿日:2019年12月24日(火)

表顕力




第7代アメリカ合衆国大統領、アンドリュー・ジャクソンは、現在のアメリカ20ドル札紙幣の表に印刷されております。

中学校時代、歴代アメリカ大統領を暗記したことがありましたが、「ワシントン」、「ジェファーソン」、「リンカーン」、「ケネディー」、「トルーマン」、「ルーズベルト」などは有名で、簡単に記憶できたのですが。。。

アメリカでの友人の一人、ジョージが、サンクスギビングのパーティーに誘ってくれました。

彼は、ヒスパニックですので、パーティーなどでは、ラテン系のノリの友人が集まります。

いつも、彼から誘われる集まりは、楽しい時間でした。

最初は緊張しておりましたが、何度も会っているメンバーもいたので、次第にアウェー感はなくなっていきました。

 

その時のパーティーで、ジョージが、

「20ドル札の肖像は誰だった?」

と皆に聞きました。

僕は、自分の財布に20ドル札があるか確認しました。ちょうど、20ドル札がありましたので、紙幣の肖像を見て伝えようとしたのですが、誰かわかりませんでした。。。

 

20ドル札をジョージに渡しながら、「わからない。。。」

と伝えると。。。その場に居た全員が、ビックリした表情でした。

 

その時の僕は、「日本で教育を受けているため、アメリカのことは、詳しくなくて。。。すみません。。。」という軽い感じでした。

今振り返ると、どこで教育を受けようが、アメリカに居て、アメリカのことについて無知だったという気持ちです。

 

幸い、間髪を入れずに、ジョージがフォローしてくれました。

「彼は、アメリカで生まれたけど、日本で育っているから。。」

 

そのお陰で、場は落ち着きました。それからは、日本について質問され、思いがけなく、皆との距離を縮めることができました。。

 

が、やはりアメリカについて無知であることを自覚せざるを得ない出来事として、今でも忘れることはありません。

 

「教養」に重きを置き、日々精進を続けております。

学び続けることにより、少しでも多くの「知識」、「知恵」を身に付け、教養のある人間になりたい。そんな純粋な気持ちが、胸中にあります。

 

今に至るまで、沢山の失敗がありました。

「過ちて改めざる 是を過ちという」

失敗したこと、過ったことを改めながら、前を向いて進んでいこうと思っております。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。
最近の投稿記事
  • 履歴書

    投稿日:2020年02月29日(土)

    現在、履歴書を作成しております。 と言っても、生年月日、学歴、職歴、取得資格などではなく、今まで経験してきた中での成功、失敗をピックアップし、そこで学んだこと、今振り返って気付いたことなどをまとめております。 &nbsp […]


    本文を読む

  • Singleness of purpose is one of the・・・

    投稿日:2021年02月17日(水)

    「Singleness of purpose is one of the chief essentials for success in life, no matter what may be one’s aim. 」 […]


    本文を読む

  • 現在地

    投稿日:2020年07月02日(木)

    人と接する際、細かい部分が気になるようになってしまいました。 気にし過ぎているだけなのかもしれません。 いずれにしても、細かい部分が。。。   昔はどうだったろう。。。と考えることがあります。 昔はそんなに細か […]


    本文を読む