ほとんど賛成する人がいないような大切な真実

投稿日:2019年12月25日(水)

創造力




PayPalの創業者で、アメリカの著名な投資家、ピーター・ティール氏のお言葉です。

「競争」よりも「独占」という考え方をされている方です。

新しいビジネスを始めるときは、比較的小さい市場で始めるべき。それが大きな市場シェアを獲得する最速の方法とのことです。その場合、「ほとんど賛成する人がいないような大切な真実は何か?」を見つけることが、「新しいことを始めるときの本質的な課題」と述べられています。

 

最近、読書のための時間を大切にしております。

自己啓発、歴史、偉人の名言集、ビジネス関連、技術関連など、「直感」で読んでみようと思ったら購入しております。

「積読」だけは避けたいので、FIFO(ファーストインファーストアウト)で読み終えるようにしております。

 

読み終えた本は、3つのカテゴリに分けることにしております。

1.また読み直す予定、若しくは、何か調べものの時に活用する予定の本。

2.多分、もう読まない、若しくは、時間を経てから、改めて読み直した時、どう感じるかを知りたい本。または、家族、知人に薦めてみる本の場合もあります。

3.古本屋さんに売る予定の本。

 

1.は、面白いと感じた本で、所々に折り目を付けて、調べ易いようにしております。

2.は、以前同じような本を読んだことがあり、その復習として活用できた本です。特段、保管しておく理由はありませんが、文章が丁寧だったり、著者の雰囲気が伝わってきたり。知人に薦めて、手放すようにもしております。

3.は、あまり面白いと感じなかった本です。途中で読むのを止める場合もあります。

 

作者も、本の内容も、著された時代も、何もかもが違うのですが、どこかで共通点を見つけることができる場合があります。

 

「武士道」から、我々日本人が、大切にしなければならない要素を沢山学ぶことができます。

 

「最善の勝利は血を流さずに得た勝利である」

 

武士にとって究極の理想は、「非戦」だったのだと知りました。

「他者と不毛な争いをせず、自らの特性を活かして、ニッチな市場で勝負する。」なのであれば、ティール氏のお話と合致すると解釈しました。

 

最近、色々な点を集めて、線にする作業を楽しんでおります。

思いがけないところで「線」を見つけることができたりします。

スティーブ・ジョブズ氏の伝説のスピーチで、

「点と点がいつか何らかの形でつながると信じなければならない。」

とお話されました。

 

いつか線になると信じて、人や書物などから学び続けながら、色々な点を集め続けていこうと思っております。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 試奏

    投稿日:2020年06月26日(金)

    自分で勝手にイメージして躊躇してしまうことが多々あります。 アクションを起こした後の「失敗」を想定してしまい、無意識にブレーキをかけるのであれば、単なる「損失回避」なのだと思います。 しかし、自分の勝手なイメージは、いわ […]


    本文を読む

  • 投稿日:2020年02月08日(土)

    「人間はひとくきの葦(あし)にすぎない。 自然のなかで最も弱いものである。 だが、それは考える葦である。」   ブレーズ・パスカルの代表作、「パンセ」の中の一節です。 大学時代、自動車教習所の先生から初めて聞か […]


    本文を読む

  • 能力の有無

    投稿日:2020年02月02日(日)

    「FOOTBALL」の販売を開始し、質問力もそこそこ、、、という状態になりました。 では、今後どのように展開していこうか。 とりあえず、地方都市も商業圏と考えて進めて行こうか。 色々なことを纏まりなく考えていた頃でした。 […]


    本文を読む