想像力

投稿日:2020年01月22日(水)

戦闘力




「想像力は、知識よりも重要だ。知識には限界がある。想像力は、世界を包み込む。」

アインシュタインの名言です。

「これだ!!」と思わされる出来事がありました。

 

「蟹は甲羅に似せて穴を掘る」

ということわざがあります。

ここで、ポイントとしたのは、「甲羅」と「穴」です。

「甲羅」=「知識」、「穴」=「想像力」

と考えるとスッキリしました。

人間は、それぞれの知識(固定観念、常識、経験など)を基に想像力を働かせるものなのでは。。。ふとした瞬間、閃きました。

「甲羅」を「身の丈」と解釈するのが普通ですが、上記のように考えると、色々なことに応用ができるような。。。

 

「想像の限界」が、「知識によってつくられた限界」であるならば、まずは、「妄想」だとしても、知識を度外視して、余計なことを考えずに「想像」してみる。そうすることで、その「想像」を具現化しようとする力が働くような気がします。

想像したものが現実的であるという理論による武装は、次の話として考えることなのでは。。。

 

普通の人は思いつかない、天才だから考えられる。。。などという話も、常識的な知識からの限界が、そう思わせているだけのように思います。

 

改めて、「普通」とは何かを理解できたような実感があります。

要するに、「普通」は、「普通」なのだと思います。

自分では当たり前と思っていることの殆どが、「普通」なのかもしれません。

当たり前なので、その「普通」に疑問を感じることもないのかもしれません。

 

「普通」を一つずつ挙げてください。というゲームをグループワークとして実施した場合、どれだけの人が、どれだけの数を挙げることができるのでしょうか。。。

多分、「傍観者効果」が働くのではないかと思います。

誰かが、「これは普通です!」と答えるのを待つか、仮に誰かがそう答えた場合、「そうだ。それは普通だ!」と賛同してみたり。。。

そんな「普通」の光景を想像してしまいました。。。

 

「「普通」から脱却しない限り、新しいものを生み出すことはできない。」

やはり、そこに行き着きます。

 

人間は、それぞれの知識を基に、自分の考えを正当化して生きていると考えております。それぞれですので、画一的なものは、皆無だと思います。

よって、10人と話す場合、10通りの進め方が必要なのかもしれません。

 

現在、仕事の件で、沢山の方のお力を拝借しております。

僕の想いが伝わる人、伝わらな人、理解しようとしてくれる人、色々な人に色々なことを教わっております。

 

「シンプルであること」

アインシュタインの教えの中にあるお言葉です。

僕の色々な想いを文章にしてまとめましたが、シンプルさが足りないのかもしれません。

改めて、文章を見直してみようと思います。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。
最近の投稿記事
  • Your customers dream of ・・・

    投稿日:2021年01月28日(木)

    「Your customers dream of a happier and better life. Don’t move products. Enrich lives.」 アメリカの実業家 スティーブ・ジョブズの格言 […]


    本文を読む

  • 早口言葉

    投稿日:2020年02月18日(火)

    以前、知人に僕の写真を見てもらい、感想を尋ねました。   「笑顔じゃない。口角を上げないと。」 という返答でした。   お恥ずかしい限りですが、「口角」という単語を聞いたのは、その時が初めてだったと思 […]


    本文を読む

  • 病む雁の 夜寒に落ちて・・・

    投稿日:2020年10月14日(水)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「病む雁の 夜寒に落ちて 旅寝かな」 松尾芭蕉の句です。 「自分を苦しめる努力」はしない。 という解釈が、書籍の中にありまし […]


    本文を読む