What is not started today is never finished tomorrow.

投稿日:2021年02月13日(土)

戦闘力




「What is not started today is never finished tomorrow.」

ドイツの詩人 ゲーテの格言です。

 

「いつになったら終わるのだろう。。。」

あまり気が乗らない作業に対して、早く終わらせたいという気持ちだけが先走り、いつ終わるのかだけに焦点を当ててしまうことがあります。

片付けるべきことが多いときは、特に早く終わらせたい一心で、やり場のない気持ちにもやもやしてしまうことがあります。

 

少し冷静に考えると、終わらせることではなく、始めることに焦点を当てるべきであることに気付きます。

早く終わらせたいのであれば、早く始める以外に方法はないのではと思いながら、早く早くと焦っている自分に気付くこともあります。

 

木を見て森を見ていない。。。そんな感覚を覚えるのですが。。。

 

多くの偉人の方々が、例外なく時間の大切さを説いている。

時間以外に万人に平等に与えられているのは、皆無であると、口を揃えて話している。

 

限られた時間ではあるが、「睡眠」の大切さも同じように説いている。

科学的には、7時間は睡眠をとった方が良いという話も聞いたことがある。

 

十分な睡眠をとり、起きてからすぐに一日を始める。

理想的な一日の過ごし方であるという実感がある。

 

時間を有効活用する一番の方法は、「早起き」だと思う。

早朝から始動することにより、一日を長く、有意義に活用できる。

 

皆、「早起き」の重要性を理解しているのだろうが、なかなか実行に移せない。

「あと5分だけ。。。」

布団から出るタイミングを遅らせることは、今までの数え切れないほどやってきた。

 

「明日は、5時に起きる!!」

そう決意をして布団に入る。

穏やかな睡眠時間を終え、目が覚める。

「あっ!6時だ。。。」

予定していた時間に起きることができなかった。

一日を幸先よくスタートできなかったと感じてしまう。

 

幸先悪い一日は、あまり芳しくない一日となる。

「明日こそは!!」

と力みながら、布団に入る。

 

やはり、朝の目覚めの良さが、その日一日の良し悪しを左右するような気がする。

故に、決めた時間に起きることは、マスト事項としている。

 

早起きができずに悩んでいた時期があった。

目覚まし時計の力を借りながら、早起きだけに集中していた時期があった。

 

結論が出るまでに、長い時間はかからなかった。

「早起きするための秘訣は、早寝。」

それに気づいてからは、「何時に起きるか」ではなく、「何時に寝るか」を意識するようになった。

 

早く寝るためには、早く寝るための準備が必要になる。

早く寝るための準備を終えるためには、一日の予定をしっかりと片付ける必要がある。

 

「今日も早く寝ることができるように。」

という気持ちで、一日を始めるようになった。

予定していたさぎょが予定通りに終わらないこともある。

 

やはり、時間の有効活用が、絶対的に必要な要素なのだと思わされる。

 

(今日始めなかったことは、明日終わることはない。)

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 下半期始動

    投稿日:2020年07月01日(水)

    誰ひとり想像すらしていなかった「ウィルスによる脅威」に晒された半年と言っても良いのかもしれません。 緊急事態宣言発令、ステイホーム週間などを通して、色々な気付きを得ることができました。 「塞翁が馬」、「怪我の功名」、「棚 […]


    本文を読む

  • アンガーマネジメント

    投稿日:2020年08月29日(土)

    カルシウムだけが、原因なのでしょうか。 感情的になると、「カルシウムが足りないのでは?」などと言われることがあります。 最近、カルシウム以外にも原因があるように感じております。   感情的になる大きな理由は、「 […]


    本文を読む

  • 無知を恐れるな。偽りの・・・

    投稿日:2020年11月17日(火)

    「無知を恐れるな。偽りの知識こそ恐れよ。」 フランスの哲学者 パスカルの格言です。   情報過多の時代、巷間、偽りの知識が、溢れております。 時々、何が正しくて、何が間違っているのかすら、わからなくなったりもす […]


    本文を読む