What is not started today is never finished tomorrow.

投稿日:2021年02月13日(土)

戦闘力




「What is not started today is never finished tomorrow.」

ドイツの詩人 ゲーテの格言です。

 

「いつになったら終わるのだろう。。。」

あまり気が乗らない作業に対して、早く終わらせたいという気持ちだけが先走り、いつ終わるのかだけに焦点を当ててしまうことがあります。

片付けるべきことが多いときは、特に早く終わらせたい一心で、やり場のない気持ちにもやもやしてしまうことがあります。

 

少し冷静に考えると、終わらせることではなく、始めることに焦点を当てるべきであることに気付きます。

早く終わらせたいのであれば、早く始める以外に方法はないのではと思いながら、早く早くと焦っている自分に気付くこともあります。

 

木を見て森を見ていない。。。そんな感覚を覚えるのですが。。。

 

多くの偉人の方々が、例外なく時間の大切さを説いている。

時間以外に万人に平等に与えられているのは、皆無であると、口を揃えて話している。

 

限られた時間ではあるが、「睡眠」の大切さも同じように説いている。

科学的には、7時間は睡眠をとった方が良いという話も聞いたことがある。

 

十分な睡眠をとり、起きてからすぐに一日を始める。

理想的な一日の過ごし方であるという実感がある。

 

時間を有効活用する一番の方法は、「早起き」だと思う。

早朝から始動することにより、一日を長く、有意義に活用できる。

 

皆、「早起き」の重要性を理解しているのだろうが、なかなか実行に移せない。

「あと5分だけ。。。」

布団から出るタイミングを遅らせることは、今までの数え切れないほどやってきた。

 

「明日は、5時に起きる!!」

そう決意をして布団に入る。

穏やかな睡眠時間を終え、目が覚める。

「あっ!6時だ。。。」

予定していた時間に起きることができなかった。

一日を幸先よくスタートできなかったと感じてしまう。

 

幸先悪い一日は、あまり芳しくない一日となる。

「明日こそは!!」

と力みながら、布団に入る。

 

やはり、朝の目覚めの良さが、その日一日の良し悪しを左右するような気がする。

故に、決めた時間に起きることは、マスト事項としている。

 

早起きができずに悩んでいた時期があった。

目覚まし時計の力を借りながら、早起きだけに集中していた時期があった。

 

結論が出るまでに、長い時間はかからなかった。

「早起きするための秘訣は、早寝。」

それに気づいてからは、「何時に起きるか」ではなく、「何時に寝るか」を意識するようになった。

 

早く寝るためには、早く寝るための準備が必要になる。

早く寝るための準備を終えるためには、一日の予定をしっかりと片付ける必要がある。

 

「今日も早く寝ることができるように。」

という気持ちで、一日を始めるようになった。

予定していたさぎょが予定通りに終わらないこともある。

 

やはり、時間の有効活用が、絶対的に必要な要素なのだと思わされる。

 

(今日始めなかったことは、明日終わることはない。)

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。
最近の投稿記事
  • 母親こそ、真の意味で・・・

    投稿日:2021年03月28日(日)

    「母親こそ、真の意味での教師」 アメリカの司会者 オプラ・ウィンフリーの名言です。   「父は、敬の的。母は、愛の座。」 あるセミナーでこの格言を知りました。 自分も、息子の父親として、「敬の的」であれるように […]


    本文を読む

  • 発見する方法は、簡単・・・

    投稿日:2021年03月06日(土)

    「発見する方法は、簡単です。1週間、1か月、1年と、そのことだけを考え続けるのです。そうすると月明かりがさしてくるように、問題が見えてくるのです」 イングランドの物理学者 アイザック・ニュートンの名言です。   […]


    本文を読む

  • 自社ビル

    投稿日:2020年01月26日(日)

    不動産について、所有か賃貸か。 オフィスでも住宅でも、この二者択一は、究極の選択に近いものがあります。 どちらも一長一短。要するに、価値観を何処に置くか次第なのかもしれません。   最近、シェアオフィスの台頭が […]


    本文を読む