PMOY

投稿日:2020年01月23日(木)

戦闘力




渡米後、英語の練習を兼ねて、ケーブルテレビ、特に映画チャンネルを頻繁に視聴しておりました。

 

ある映画で、80年代のプレイメイトの一人を知りました。

高身長のブロンド美人です。

アジア人だからなのか、僕は、欧米出身の女性に対して引け目というか、コンプレックスというか、そのような感情を持っていた気がします。

(あくまでも僕の話で、他のアジア人男性がどう感じているかは、別の話で。。。)

 

プレイボーイのモデルは、豊胸した女性が少なくないのですが、彼女は、ナチュラルだったように記憶しております。

PMOYに選ばれるモデルですので、やはり選ばれるなりの女性なのだと思います。

「絶世の美女」という表現は、決して過言ではなく、この世の人とは思えないというのが、彼女から受けた印象でした。

 

最近のことです。

SNSを閲覧していたとき、現在の彼女の写真を目にしました。

 

ビックリしました。。。年齢は、還暦を過ぎておりますが、それにしても。。。

昔の面影を全く感じることができませんでした。

残念な気持ちにもなりました。

20年以上経っておりますが、こんなに変わってしまうのか。。。と思わされました。

 

僕なりに考えてみました。

「肉体は、生き方次第で、どのようにでもなり得るのでは。。。」

 

アメリカ合衆国大統領の妻と母、両方をご経験された女性の若い頃の写真を拝見したことがあります。既に他界されていますが。。。

 

この写真にもビックリさせられました。

本当に「美人」の一言しかありませんでした。

年齢を重ねるに連れて、ふっくらした感は否めませんでしたが、晩年の彼女には、何か感じさせるものがありました。

 

何なのでしょうか。。。

一言でまとめるのもどうかと思いますが、「品格」なのかなぁ・・・と思っております。

 

結論として、「生き方次第で、どんなに美人でも、美人じゃなくなり得るし、美人じゃなくても、美人になり得る。」と考えることにします。

 

男性然りで、「どんなにいい男でも、いい男じゃなくなり得るし、逆もあり得るのだ。」と肝に銘じて参ります。

 

それとは別の話ですが、今回の件で、欧米出身女性に対するコンプレックスも解消できたような気がします。

 

コンプレックスによって、「想像の限界」を作り出していたのかもしれません。。。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。
最近の投稿記事
  • 挨拶回り

    投稿日:2020年12月23日(水)

    今年は、沢山の素敵な方々との接点により、楽しく仕事をすることができました。 お付き合いのあった方々全員が、去年の今ごろ、接点のなかった方々でした。 1年で、何もかもが変わってしまったというのが正直なところです。 &nbs […]


    本文を読む

  • 仕事場環境

    投稿日:2020年02月27日(木)

    基本的に、僕は事務所で仕事をしております。 80cmx80cmの正方形のテーブルを使って作業をしております。 手前に資料などを置けるスペースを確保し、その少し奥の方にノートパソコンを置いて作業しております。 パソコンを使 […]


    本文を読む

  • 菩提寺

    投稿日:2020年01月19日(日)

    10年以上前、親戚に誘われて、「新興宗教」の活動に精を出していたことがあります。 前向きに活動していた理由は、「言っていることが、間違いなく正しいと思えた」からです。   活動内容は、「おカネを出す」か、「身体 […]


    本文を読む