歴史と他人

投稿日:2020年01月21日(火)

創造力




「主観的な成功は自己満足。客観的な成功は歴史と他人が決める。」

 

1月18日(土)の「潜在意識」という記事に対していただいたコメントです。

コメントをいただきました旨、この場をお借りして、御礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

コメントを読んで感じたことです。

そもそもは、多様化社会を生きる我々に、画一的な「成功」はあり得ないという観点から、自分らしい何か、目標でも夢でもない何か、を定義しようとしたときに「成功」という単語でまとめました。

多分、僕が成分化した「成功」は、自分にとっての「幸福」、若しくは「理想」なのかもしれません。

 

あくまでも、僕自身の中で完結させたい想いではありますが、自己満足で終わらせるつもりはありませんので、「成功」という単語は適切ではなかったと反省しております。早速、「成功」を「幸福」という単語に置き換えました。

ご承知いただければ幸いです。

 

「自己満足」とのリンクの意味で。

以前にも記しましたが、

「今だけ 金だけ 自分だけ」

は、間違っても肯定できるものではないと考えております。

「利己」のために「利他」という単語を使う人も少なくありません。

とは言え、本当の「利他」とは何かをしっかり伝えることができずにいました。。。

 

先日のセミナーで、目から鱗のお言葉をいただきました。

「相手のために・・・」ではなく、「相手の立場に立って・・・」が、「利他」ではと考えさせられました。

当面は、この定義で進めてみます。

軌道修正が必要になる予感はありますが。。。

 

自分の考えをまとめるために、毎日記事を書いております。

今回のように、コメントをいただくことによって、新たな気付きに恵まれることができます。有難く感じております。

また、コメントをいただいて、このブログをどなたかに読んでいただけてることを知り、今年の目標の一つである「ブログ毎日更新」は、必ず達成しなければという気持ちになりました。。。

 

「歴史と他人」が決めることを、僕自身がコントロールすることはできませんので、あくまでも自分らしく生きることだけに集中して参ります。それがどのような評価になるのかは、「歴史と他人」に委ねます。。。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。
最近の投稿記事
  • 努力が効果をあらわすまでには時間がかかる。 多くの人はそれまでに飽き、迷い、挫折する

    投稿日:2021年04月07日(水)

    「努力が効果をあらわすまでには時間がかかる。 多くの人はそれまでに飽き、迷い、挫折する。」 アメリカの実業家 ヘンリー・フォードの名言です。   「がっかりタイム」 頑張っているのに、なかなか結果が出ない時期の […]


    本文を読む

  • この愛のために

    投稿日:2020年05月17日(日)

    昔聴いていた音楽を改めて聴く機会が増えております。 昔を思い出し、その頃を懐かしく感じたり、その頃の出来事での悲喜交々から、嬉しくなったり、失敗を笑えたり、血の気が引いたり。。。   久々に聴く音楽のほとんどは […]


    本文を読む

  • 母親こそ、真の意味で・・・

    投稿日:2021年03月28日(日)

    「母親こそ、真の意味での教師」 アメリカの司会者 オプラ・ウィンフリーの名言です。   「父は、敬の的。母は、愛の座。」 あるセミナーでこの格言を知りました。 自分も、息子の父親として、「敬の的」であれるように […]


    本文を読む