If you believe in it and you…

投稿日:2020年02月07日(金)

戦闘力




「それ」を信じ「それ」を確信していれば、失敗のしようがない。

 

最大手ハンバーガーチェーンの創設者のお言葉です。

最近、一番有難く感じているお言葉です。

ただ、「それ」って何?という疑問を抱いてしまいます。

ほとんどの人が、そうではないでしょうか。

 

僕は、「それ」を探しに、過去に戻る作業を行いました。

中学、高校の6年間の出来事から、「それ」を導き出すことができました。

「それ」のヒントは、ほぼ多感な時期の出来事にあり、その後の出来事に助長され、「線」や「面」にするのが容易でした。

 

過去を振り返って、絶対にしたくないのは、「後悔」です。

あくまでも、今後をどのように生きるかを定めるために行う「過去の振り返り」だと考えております。

逆に、「こうすれば良かった。。。」という「後悔」があるのなら、「あの時、こうしなかったのだから、これから、こうしよう!」というように考えることにしております。

 

想像すらしていなかったことから、沢山の気付きもあります。

「あの時、こう考えていたんだなぁ。。えっ?ということは、こういうこと?いやぁ。。。全く想像すらしていなかった・・・」

などという状況もしばしば。頭の中が、スッキリしていくのがわかります。

「それ」に向かう途中で、「それ」に必要ないと判断した物事は、選択肢から外すことができ、無駄に迷うこともなくなります。逆に、やるべきことが、鮮明になって行くのがわかります。

 

色々なご意見があるかと思いますが、僕自身、この作業は、かなり重要であると考えております。

 

色々なことがスッキリすると、本当に楽な気持ちで毎日を過ごすことができます。

有難い限りです。

 

ちなみに、このお言葉、「失敗のしようがない。」の後、このように綴ってます。

 

「それ」は何であろうとかまわない!

必ず「それ」を手に入れる事ができる!

 

世の中、「こうじゃなきゃ。」、「ああじゃなきゃ。」、「こうあるべき。」などが多過ぎる気がします。

 

何であろうとかまわない「それ」は、本当に身近にあるものだと確信しております。

 

話を転じます。

ここ何日間か、大雪でした。

一面の銀世界を前に、

「この景色に触れるのは、今シーズン最後になる。」

と思いながら、今まで憂鬱でしかなかった雪の時期を満喫しようとしている自分に気が付きました。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。
最近の投稿記事
  • 相手を説得するために、正論など・・・

    投稿日:2021年03月16日(火)

    「相手を説得するために、正論など持ちだしてはいけない。 相手にどのような利益があるかを話すだけでいい。」 アメリカ合衆国の政治家 ベンジャミン・フランクリンの名言です。   少し前、誰かと会話しているときに、ふ […]


    本文を読む

  • この世界で、継続ほど価値のあるものはない

    投稿日:2021年04月09日(金)

    「この世界で、継続ほど価値のあるものはない。」 アメリカの実業家 レイ・クロックの格言です。   どんな小さなことでも、継続することは、簡単ではないと感じております。 「続けるぞ!!」 と決意して始めたことも、 […]


    本文を読む

  • けれど空は青

    投稿日:2020年06月29日(月)

    「けれど空は青」 高校時代、大好きだったアーティストの大好きだった楽曲のタイトルです。 この楽曲には、横文字のサブタイトルが付いております。 「close friend」というサブタイトル。   当時、その英単 […]


    本文を読む