If you believe in it and you…

投稿日:2020年02月07日(金)

戦闘力




「それ」を信じ「それ」を確信していれば、失敗のしようがない。

 

最大手ハンバーガーチェーンの創設者のお言葉です。

最近、一番有難く感じているお言葉です。

ただ、「それ」って何?という疑問を抱いてしまいます。

ほとんどの人が、そうではないでしょうか。

 

僕は、「それ」を探しに、過去に戻る作業を行いました。

中学、高校の6年間の出来事から、「それ」を導き出すことができました。

「それ」のヒントは、ほぼ多感な時期の出来事にあり、その後の出来事に助長され、「線」や「面」にするのが容易でした。

 

過去を振り返って、絶対にしたくないのは、「後悔」です。

あくまでも、今後をどのように生きるかを定めるために行う「過去の振り返り」だと考えております。

逆に、「こうすれば良かった。。。」という「後悔」があるのなら、「あの時、こうしなかったのだから、これから、こうしよう!」というように考えることにしております。

 

想像すらしていなかったことから、沢山の気付きもあります。

「あの時、こう考えていたんだなぁ。。えっ?ということは、こういうこと?いやぁ。。。全く想像すらしていなかった・・・」

などという状況もしばしば。頭の中が、スッキリしていくのがわかります。

「それ」に向かう途中で、「それ」に必要ないと判断した物事は、選択肢から外すことができ、無駄に迷うこともなくなります。逆に、やるべきことが、鮮明になって行くのがわかります。

 

色々なご意見があるかと思いますが、僕自身、この作業は、かなり重要であると考えております。

 

色々なことがスッキリすると、本当に楽な気持ちで毎日を過ごすことができます。

有難い限りです。

 

ちなみに、このお言葉、「失敗のしようがない。」の後、このように綴ってます。

 

「それ」は何であろうとかまわない!

必ず「それ」を手に入れる事ができる!

 

世の中、「こうじゃなきゃ。」、「ああじゃなきゃ。」、「こうあるべき。」などが多過ぎる気がします。

 

何であろうとかまわない「それ」は、本当に身近にあるものだと確信しております。

 

話を転じます。

ここ何日間か、大雪でした。

一面の銀世界を前に、

「この景色に触れるのは、今シーズン最後になる。」

と思いながら、今まで憂鬱でしかなかった雪の時期を満喫しようとしている自分に気が付きました。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。
最近の投稿記事
  • 適材適所

    投稿日:2020年02月11日(火)

    お陰様で、メモを取ることを習慣化することができました。 3年ほど前から、意識的にメモを取るようにしてきましたが、最近は、必ずメモ帳とペンを携帯し、どこでもメモを取れるように備えております。 野村元監督の著書のお陰で、「メ […]


    本文を読む

  • アコースティックギター

    投稿日:2020年02月26日(水)

    高校入学時、祖母にギターを買ってもらいました。 僕は、小学校の時から、何か欲しいものがあると祖母にお願いしてました。 なんだかんだ言いながらも、最後は、「いくら?」と言って買ってくれました。 当時流行っていた、「キン肉マ […]


    本文を読む

  • 一念発起

    投稿日:2020年08月21日(金)

    最近、外国ドラマを視聴する機会が増えて来ております。 動画配信サイトにて、何気なく見ていたら、外国ドラマなどが目に入り。。。 日本の常識とは違うものに触れることができるという点が、興味深いところなのかもしれません。 &n […]


    本文を読む