2005年2月5日

投稿日:2020年02月05日(水)
表顕力


15年前の今日は、大雪でした。

悪天候のため、飛行機が空港に着陸できないほどの大雪でした。

 

2005年2月4日、大西洋に面した大都会での最後の日を迎えておりました。

4日の朝、成田行きの飛行機に搭乗するため、「ターミナル7」に向かうリムジンの中で。

 

「必ず(アメリカへ)戻ってきます。そのために、一度(日本へ)戻ります。」

 

車中から見慣れた景色を眺めながら、ここで過ごした5年を懐かしく思うと同時に、これから新しい人生を歩もうという強い気持ちを抱いていたことを思い出しました。

 

普段使用していた食器や、アメリカでしか手に入らないと思った小物など、住み慣れた街での思い出と一緒に、日本へ郵送しました。

船便で送ったため、忘れたころに到着したことを覚えております。

 

それでも、荷物が沢山ありました。

手荷物として、機内に持ち込めるだけの荷物を持ち、日本へ向かいました。

 

日本までの13時間は、とても短く感じました。

当時は、喫煙していなかったため、それも短く感じさせてくれた理由なのかもしれません。

 

どこでもらったかは覚えていないのですが、「フライトスケジュール」を持ち帰ってきました。

昨年、断捨離を行っている際、束になった「フライスケジュール」が出てきました。

持ち帰った理由は、今でも覚えております。多分・・・

 

この5年間、何度か一時帰国しておりましたが、今回は、やはり今までとは違う気持ちでした。

空港に到着し、入国手続きをするまでの間は、特段、違いを感じることはありませんでした。

 

が、入国後。

 

「しばらく、入国も出国もないだろうな。。。でも、必ず戻ると決めているのだから。いつになるかわからないけど。。。」

 

「これからの自分の人生、寿命が訪れるまでをアメリカで過ごそう。」と決めてから5年。

一度日本に戻ると決断したことで、「寿命が・・・」の話は何処に行ったのだろう。。。という気持ちもあったようにも思います。

今考えても、「アメリカで一生過ごす」ことは、必ずしも「自分らしい」ことではなかったような。。。

 

僕の中に、「英語を話せる日本人」か「日本語を話せるアメリカ人」の二者択一という考え方がありました。

後者で生きて行きたいという願望がありましたが、如何せん、「日本語を話せる、英語が中途半端なアメリカ人」にしかなれないという諦めが。。。

今考えれば、無意味な諦めでした。。。

 

いずれにしても、日本に戻ることを決断し、場所も地方都市を選択。

色々な想いを基に導き出した解答を「正解」にしたいという気持ちだけは、本当の気持ちだった気がします。

 

成田からの乗り換えの飛行機までは、少し時間がありましたが、手荷物の量がハンパなかったため、動き回ることをせず、座りながらボーっとしていたような。。。

 

搭乗前、「目的地は大雪のため、場合によっては、成田に引き返す可能性があります。」というアナウンス。

全く気にもせずに搭乗しました。

 

間もなくシートベルトサインが点灯しそうな頃、

「当機は、悪天候のため、函館空港に着陸いたします。」

生まれて初めての出来事でした。

 

函館空港からは、JRに乗り換え、陸路で札幌を目指しました。

幸先良いのか悪いのか。。。

 

「想定外が、これから沢山起こるよ!!」

 

今考えると、生まれて初めての出来事からのメッセージだったのかもしれません。

 





この記事へのコメント送信
(すべて必須事項です)



記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

プロフィール(詳細
阿部雄一郎
阿部 雄一郎(あべ ゆういちろう)
1975年 アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。
1999年 札幌の大学を卒業後、渡米。
米国ニュージャージー州の私立工科大学大学院に入学。
(コンピュータサイエンス専攻、理学修士(M.S.)課程修了)
システムエンジニアとして、様々な業種の法人様向けにシステムのご提案し、導入・管理をご支援して参りました。
今までの経験を活かし、グローバル化、多様性社会の時代にて、新たな価値を創造していきます。
記事検索
書籍紹介
  • 「仕事ができる」とはどういうことか?

    今まで腑に落ちないでいた気持ちが、スッキリしました。
    「右脳」と「左脳」両方のバランスに秀でた人間を目指し、精進を続けて参ります。

    「学び」を感じることができる書籍です。

  • 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

    中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。

  • ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA

    昨年4月12日、国際フォーラムでのコンサートに行ってきました。

    コンサート終了後、ファンクラブに入会。
    今後は、ツアーが開催される際、必ず行くつもりです。

最近の投稿記事
  • いかなる問題も、それをつくりだした・・・

    投稿日:2020年10月18日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。」 物理学者アインシュタインの格言です。 &n […]


    本文を読む

  • 過去から学び、今日のために生き・・・

    投稿日:2020年10月12日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」 ノーベル賞受賞物理学者の格言です。 この格言が、僕にはとてもス […]


    本文を読む

  • 画期的な解決策のヒントが得られることも・・・

    投稿日:2020年10月09日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「問題を別の角度から捉え直せば、画期的な解決策のヒントが得られることもある。」 米国の発明家・起業家の格言です。 問題に直面 […]


    本文を読む

  • ハロー効果

    投稿日:2020年10月08日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「ハロー効果」とは、   表層的な部分に囚われて、実際を過大評価してしまう時に働いている効果のこと   […]


    本文を読む

  • 自己分析

    投稿日:2020年09月27日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   ブログの「キーワード」を「過去回帰」と定め、その「キーワード」の則った内容を投稿するようにしております。 変えることのできな […]


    本文を読む