信頼

投稿日:2020年03月14日(土)

表顕力




「信用」と「信頼」は違うという話は、色々な所で耳にします。

 

日本に戻ってから、色々な人とのご縁がありました。

その時々にお付き合いいただいていた方々が、その時々の僕自身を映していたのだと確信しております。

 

何か問題が起こると、外的要因を理由にしていた時期がありました。

何か問題が起こると、外的要因を理由にする方々とのお付き合いがあった時期でした。

 

色々な人の話を否定的に解釈していた時期がありました。

色々な人の話を否定的に解釈する方々とのお付き合いがあった時期でした。

 

何かを始める際、「利用できるものは利用する」というスタンスだった時期がありました。

何かを始める際、「利用できるものは利用する」というスタンスの方々とのお付き合いがあった時期でした。

 

自己肯定感が低い時期がありました。

自己肯定感が低い方々とのお付き合いがあった時期でした。

 

他人の喜びを素直に喜べない時期がありました。

他人の喜びを素直に喜べない方々とのお付き合いがあった時期でした。

 

その時々にお付き合いいただいた方々から、沢山の気付きをいただきました。

沢山の気付きから、全てを改めることができました。

 

今、根拠の有無に関わらず、自己肯定感を高め、自分に自信を持って生活しております。

今、「損得勘定」は捨てて、相手の喜ぶことを意識しながら生活しております。

今、「無知」である自分自身を認め、知的好奇心を持って生活しております。

今、自分のスキルを活用して、他人に役立てることはないかを意識しながら生活しております。

今、どのような人でも、信頼して接することを意識して生活しております。

今、やると決めたことは、やり抜くという決意を持って生活しております。

 

自分自身が、どのような気持ちで日常生活を送るかが、今後、どのような方々とのご縁に恵まれるかを左右すると確信しております。

 

1人でも多くの魅力的な方々とのご縁があるよう、1人でも多くの魅力的な方々から「信頼」されるよう、日々の生活を通して精進を続けて参ります。

 

それよりもまずは、僕自身が、ご縁のある方々を「信頼」することから始めます。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。
最近の投稿記事
  • 一事が万事

    投稿日:2020年07月21日(火)

    「気を付けよう。一事が万事だから。」 などのように、今まで、あまり良い意味で使用していませんでした。 「一事が万事。緊張感を持って行こう。」というように活用していた気もします。 が、必ずしも悪い意味ではなく、良い意味で活 […]


    本文を読む

  • Quality Assurance

    投稿日:2019年12月11日(水)

    仕事を探し始めたのは、結局2001年、同時多発テロより前のことだったと思います。   まずは、キャンパス内で、アルバイトを探しました。 掲示板に求人募集があれば、メールで連絡をし、 「その件については、○○○へ […]


    本文を読む

  • 先見の明

    投稿日:2020年06月05日(金)

    「常にアンテナを張り続ける」 日々の生活で、意識しすぎるほど意識していることです。 ちょっとした出来事も、どう捉えるか、どう感じるか、どう考えるかで何もかもが違う未来を導くとの確信があるからです。 肯定的に捉えれば、肯定 […]


    本文を読む