最善の解決策

投稿日:2020年02月14日(金)

分解力




「最善の解決策は常に最も単純な解決策である。」

 

この格言を曲解する人が少なくないそうですが。。。

 

何か問題に直面した時、沢山の選択肢を並べて、これが良い。。。これが悪い。。。この方が良い。。。などと悩んだりするものです。

頭で考えながら、どうしよう。。。どうしよう。。。と悩んでいます。

悩んでいる自分に酔ったりする瞬間もあったりします。

悩むことは、無条件で自分を成長させてくれることと信じていたりもします。

仕事のことで悩んでいるのだから、「悩む」という行為は、無駄な時間ではないと思うことにしたりします。

 

何となく、ベターな解決方法を選択したとき、

「でも。。。○○がないからなぁ。。。XXがあればなぁ。。。」

言い訳じみた話が飛び出します。

それが、できない理由になり。。。

 

できない理由を探しても何の意味もないことを知りながら。。。

 

「かくすれば かくなるものと 知りながら~」

 

と言っても、大和魂とは、別の次元の話です。

 

悩んだ末、解決策を見つけたと思ったとき、色々と理由を付けて、「この問題は、解決できない。」に至ります。

そして、

「この問題の解決策を見つけるのは、不可能だ。」

と結論付けます。

Q.E.D.」です。

 

仕方がないのでしょう。。。

不可能であれば、どうしようもありません。。。

この問題は、「解決できない。」ということで解決することに。。。

 

「人は不可能と思うとき、やりたくないと決めているのだ。」

オランダの哲学者、バールーフ・デ・スピノザの格言です。

 

ん?何か解決する方法が見つかったような。。。

「ただ、やりたくないだけなのかぁ。。。」

 

では、何をやりたくないのか?

「やりたくないことは、何か?」をハッキリさせることで、この問題、解決できるような気がしてきました。

 

解決策の中に「やりたくないこと」があるのでは?

若しくは、「やりたくない」を理由に、解決策の選択肢から外していたのでは?

その「やりたくないこと」をやれば、解決できるのでは?

 

やっぱり、最善の解決策は、常に最も単純なのかもしれません。

最も単純な解決策に絞られ、他に選択肢はなくなりました。

 

「他に選択がない時、心は驚くほど明晰になるものだ。」

 

アジアの大国との外交問題で、「密使」としてご活躍された、元合衆国国務長官のお言葉です。

 

お陰様で、心が穏やかであります。。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 経験というのは、莫大なお金に匹敵する価値がある。ただ、ほとんどの人が、その経験を学びに使わない。

    投稿日:2021年02月10日(水)

    「経験というのは、莫大なお金に匹敵する価値がある。ただ、ほとんどの人が、その経験を学びに使わない。」 アメリカの政治家 ベンジャミン・フランクリンの格言です。   今朝届いたメルマガに同じような内容のことが書か […]


    本文を読む

  • 朝活

    投稿日:2021年01月05日(火)

    お陰様で、朝、早い時間に一日を始めることが、習慣となりました。 朝起きてからのルーティンワークも、スムーズに進めることができるようになりました。 習慣化までの道程は、険しいものではありましたが。   夜、世の中 […]


    本文を読む

  • 積極的な心構え

    投稿日:2020年07月09日(木)

    毎日生活をしていると、どうしてもネガティブな気持ちになってしまうことがあります。 どんなにポジティブシンキングを意識していても、ネガティブに陥ることがあります。 心の整え方に問題があるのだろうかと自分自身を見つめ直したり […]


    本文を読む