母親こそ、真の意味で・・・

投稿日:2021年03月28日(日)

表顕力




「母親こそ、真の意味での教師」

アメリカの司会者 オプラ・ウィンフリーの名言です。

 

「父は、敬の的。母は、愛の座。」

あるセミナーでこの格言を知りました。

自分も、息子の父親として、「敬の的」であれるようにと思いながら、実際はどうなのか。

息子に聞いてみたいところです。

 

幼少期を振り返ると、両親共に、「真の意味で教師」だったのような気がします。

ただ、接してきた時間を考えると、母親の方が影響力のある教師だったのかもしれません。

 

人間にとって、基本的な人間形成は、家庭教育によって行われると確信しております。

学校教育以上に、家庭教育が重要であると確信しております。

 

母親のことに触れている偉人の方々、それぞれの業界で活躍されている方々が、多いように感じます。

「母親の愛情に恵まれた。」

「今こうしていられるのは、厳しい母親のもとで育ったから。」

皆、良い意味で、母親から影響を受けているようです。

 

「自分の母親はどうだったろう。」

最近、そんなことを考えたりしておりますが。。。

 

ブログを始めて、1年以上経過する。

今年に入ってからは、毎日更新を継続できている。

偏に、文章を書くことが好きであるが故だと思っている。

内容はともかく、文章を書くことは、楽しいと感じている。

 

中学校時代、終業式に、部活の「大会報告」が行われていた。

全部活の代表が、大会の結果などを報告していた。

 

諸々の理由で、2年生からの2年間、報告の担当をしていた。

毎回、全校生徒の前で発表をする担当だった。

 

発表する内容は、出場した大会の結果など。

発表する内容を事前に作成する必要があった。

いつも、原稿用紙2枚程度にまとめ、発表していた。

最初は、どのようにまとめれば良いのか、勝手がわからなかったこともあり、母親に原稿作成を手伝ってもらっていた。

 

母親は、文学部卒業ということもあり、文章を書くのが得意だった。

まずは、自分で原稿を書き、母親に添削してもらう。

これを繰り返し行っていた。

 

そんなことを2年間続けていると、文章を書くのが当たり前になり、気が付いたら、文章を書くのが好きになっていた。

母親のお陰だと思っている。

 

良い文章は、理路整然とまとめるのではなく、感性で書くものだと思っている。

左脳だけで生きてきた自分にとって、唯一、右脳を鍛える作業だったような気がする。

 

今、こうしてブログを更新し続けることができてるのは、「真の意味での教師」として、母親から教わることができたからなのかもしれない。

 

母親から教わったことは、他にもあるような気がする。

昔を思い出しながら、一つずつ整理していこうと思っている。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。
最近の投稿記事
  • 途方もない夢でも実現へと前進させる・・・

    投稿日:2020年10月25日(日)

    「途方もない夢でも実現へと前進させることは、意外とたやすい。「そんな馬鹿なことはできない」と誰もが思うことならば、競争相手はほとんどいないからだ。」 アメリカ合衆国のIT企業共同創業者 ラリー・ペイジの格言です。 &nb […]


    本文を読む

  • 人の行く裏に道あり花の山

    投稿日:2020年08月26日(水)

    「天邪鬼」という単語が正しいのでしょうか。 違うと考えておりますが、もしかしたら、そう解釈されてしまうのかもしれません。 「赤信号、みんなで渡れば怖くない」 が正しいのであれば、「天邪鬼」なのかもしれません。 &nbsp […]


    本文を読む

  • 義を見てせざるは勇無きなり

    投稿日:2020年08月31日(月)

    論語にある有名なフレーズです。 敢えて、「義」という大義名分を無理矢理創り出し、「勇無き」を避けるためのアクションを起こしてみました。   「マインドブロック」とは、恐ろしいものです。 今まで何だったのだろうと […]


    本文を読む