英国紳士 – 論理的思考

投稿日:2020年03月09日(月)
表顕力


大学卒業後、「学者」として仕事をしていた「父親」の影響が強いと考えております。

「門前の小僧習わぬ経を読む」

父親の「論理的な思考方法」は、僕にとって、「習わぬ経」だったとの確信があります。

 

父は、北海道の地方都市で生まれ育ち、高校卒業後、「医師」になるために札幌に出てきました。

学生として「学園紛争」が盛んな時代を経験したそうです。

卒業後、色々なご縁により、「臨床」ではなく「基礎」の道に進みました。

「学者」として20年近くを過ごし、その後「臨床」に移りました。

 

ちなみに、僕が生まれたのは、父が、カリフォルニア大学ロサンゼルス校に「客員教授」として留学していた時です。

 

父の考え方は、「理路整然」という単語でまとめることができます。

反論の余地がない、同意せざるを得ない、逃げ場がない、、そう思わせるような論法です。

本人曰く、

「学者として、モノの考え方を身に付けることができたからだ。」

とのこと。

 

僕はこの論理的思考を、中学校時代から触れていました。

当時は、嫌で嫌で仕方なく、反論できないことに苛立ちながら、やり場のない気持ちを抱いていたことを思い出します。

 

問題に直面した時、その問題を「解決」する方法と「対処」する方法は、全く違うものであると考えております。

いわゆる「本質」が何かを理解せずに問題を捉えていることによるのではないかと思うのですが、得てして、世の中、問題を「対処」することによって「解決」したと結論付ける事象が多いように感じております。

その事象とは、巷に転がっている話がほとんどではないでしょうか。

そのほとんどは、「対処」であって、「解決」ではないため、その後、同じような問題が起こり得るし、実際に起こって右往左往することも多々かと思います。

 

こんなことを考えることができるようになったのも、「習わぬ経」の影響だと思っております。

札幌に帰って来てからは特に、このようなことを考える自分が嫌でした。

世の中に合わせることができれば済む話を、合わせることができずに苦しみました。

 

お陰様で、合わせる必要がないことに気付いてからは、このような考え方ができることを有り難く感じております。

 

父を見ていて、自分自身を俯瞰して見ていて感じることがあります。

「理路整然」は、場合によっては、恐ろしい「凶器」になり得るものです。

 

実際、僕の過去を振り返ると、様々な人を傷付けて来たように思います。

明らかに良い意味で解釈することはできない話です。

 

色々な経験を通して、「理路整然」とした「論理的思考」を「凶器」ではなく、「武器」として駆使する方法があると確信することができました。

 

ギターを始めたり、アートに触れたり、「感性」を磨く作業を意識的に行っております。

「共感性」、「創造性」など、いわゆる「右脳」を機能させることができれば、「左脳」とのバランスにより、「理路整然」が、説得力のあるものとして活用できるのではないかと考えております。

 

今、心から、「論理的思考」を植え付けてくれた父親に感謝申し上げます。

今後は、その「論理的思考」の精度を上げながら、「感性」を磨き、「右脳」と「左脳」のバランスに秀でた人間を目指して参ります。

そのバランスは、「英国紳士」として必要な要素であると確信しているからです。

 





この記事へのコメント送信
(すべて必須事項です)



記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

プロフィール(詳細
阿部雄一郎
阿部 雄一郎(あべ ゆういちろう)
1975年 アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。
1999年 札幌の大学を卒業後、渡米。
米国ニュージャージー州の私立工科大学大学院に入学。
(コンピュータサイエンス専攻、理学修士(M.S.)課程修了)
システムエンジニアとして、様々な業種の法人様向けにシステムのご提案し、導入・管理をご支援して参りました。
今までの経験を活かし、グローバル化、多様性社会の時代にて、新たな価値を創造していきます。
記事検索
書籍紹介
  • 「仕事ができる」とはどういうことか?

    今まで腑に落ちないでいた気持ちが、スッキリしました。
    「右脳」と「左脳」両方のバランスに秀でた人間を目指し、精進を続けて参ります。

    「学び」を感じることができる書籍です。

  • 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

    中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。

  • ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA

    昨年4月12日、国際フォーラムでのコンサートに行ってきました。

    コンサート終了後、ファンクラブに入会。
    今後は、ツアーが開催される際、必ず行くつもりです。

最近の投稿記事
  • いかなる問題も、それをつくりだした・・・

    投稿日:2020年10月18日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。」 物理学者アインシュタインの格言です。 &n […]


    本文を読む

  • 過去から学び、今日のために生き・・・

    投稿日:2020年10月12日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」 ノーベル賞受賞物理学者の格言です。 この格言が、僕にはとてもス […]


    本文を読む

  • 画期的な解決策のヒントが得られることも・・・

    投稿日:2020年10月09日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「問題を別の角度から捉え直せば、画期的な解決策のヒントが得られることもある。」 米国の発明家・起業家の格言です。 問題に直面 […]


    本文を読む

  • ハロー効果

    投稿日:2020年10月08日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「ハロー効果」とは、   表層的な部分に囚われて、実際を過大評価してしまう時に働いている効果のこと   […]


    本文を読む

  • 自己分析

    投稿日:2020年09月27日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   ブログの「キーワード」を「過去回帰」と定め、その「キーワード」の則った内容を投稿するようにしております。 変えることのできな […]


    本文を読む