人にものを教えることは・・・

投稿日:2020年11月11日(水)

表顕力




「人にものを教えることはできない。自ら気づく手助けができるだけだ。」

イタリアの天文学者 ガリレオの格言です。

 

「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる。」

巷間、よく耳にする話かと思います。

人間関係に悩む人たちに対して、アドバイスのような形で伝えたりするフレーズでしょうか。

 

「上司が・・・」

「顧客が・・・」

そのような話が始まると、別のことを考えるようになりました。

その類の話を、建設的な話として捉えることができなくなったからだと思います。

 

「願ったり叶ったり。」

それ以前に、そのような話をする人が、周りからいなくなったような気もしております。

他人に対して何かを求めてしまうのは、人間の性なのでしょうか。

「そんなことはないのでは?」

と、感じ始めてはいるのですが。。。




タケルは、幼少期から頑固だった。

ただの天邪鬼なのだろうか。

褒められても、それを受け入れることはなかった。

悪く言われれば、それを否定し続けていた。

 

「自分の気持ちを理解してくれる人などいる訳がない。」

そう思い込み続けてきたが故に、誰の言うことも素直に受け止めることができなかった。

 

タケルは、内向的な性格で、一人でいることが苦にならず、自分の興味があることには、夢中で取り組んでいた。

例えば、絵を描いたりするのが好きだった。

が、誰かに作品を見てもらいたいと思うことはなかった。

高い評価を受けようが、低い評価を受けようが、どのような評価も素直に受け止めるつもりがなかったからなのかもしれない。

 

周りも、そんなタケルに煩わしさを感じていたのだろう。

タケルを誉めることも、貶すこともしなくなっていた。

 

ある日、タケルは、公園で絵を描いていた。

自分の気持ちを理解してもらえない寂しさの中、絵を描くことで紛らしていたのかもしれない。

 

通りがかりのマダムが、タケルの絵を見てこう言った。

「寂しい絵を描くのね。何かあったの?」

 

タケルの絵に対して、初めてのリアクションだった。

「うまいね。将来画家になるの?」

「こんなの絵じゃないよ。」

表面的なリアクションは、今まで飽きるほど聞いてきた。

が、今回は違った。

 

「誰も僕の気持ちを理解してくれないから。。。」

そう答えると、マダムは、

「理解してもらう必要はないでしょう。自分が良いと思うことを続けて行けば?そうすれば、描く絵も明るくなって行くと思うわよ。」

 

その日から、タケルは、周りに対して、明るく振舞うように努めることにした。

周りは、驚くばかりだったが、明らかにタケルの変化に気付いていたようだ。

 

タケルは、自分ではなく、他人に気付かせてもらった大切なことを、喜びとして感じていた。

あのマダムに教わったのではない。気付かせてもらったのだ。

タケルは、心の底から、マダムに感謝している。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。
最近の投稿記事
  • I am proud to be …

    投稿日:2019年12月08日(日)

    父は、北海道の田舎町で生まれ育ち、高校を卒業して、札幌に出てきました。 裕福な家庭ではありませんでしたが、医者になるべく1浪の末、医学部に合格。 卒業後は、臨床には行かず、大学に残り研究生活を始めました。 経済的な理由で […]


    本文を読む

  • テレワーク

    投稿日:2020年07月29日(水)

    「テレワーク」という単語が、市民権を得たようです。 今まで何だったのだろう。。。と思わされるほどに、色々なことが変化しております。 「テレワーク」も色々な変化の中の一つなのでしょう。   「コワーキングスペース […]


    本文を読む

  • 物事を見すぎることで、それが・・・

    投稿日:2021年02月22日(月)

    「物事を見すぎることで、それが持つ意味がまったく見えなくなることを僕は怖れる。」 アメリカの芸術家 アンディ・ウォーホルの名言です。   何か問題が生じると、その問題だけを見てしまう傾向があります。 少し俯瞰し […]


    本文を読む