定点観測

投稿日:2020年02月23日(日)

冒険力




昔行って印象に残っている場所、何か大きな出来事があった思い出の場所に行ってみたくなることがあります。

 

「そういえば、この近くで昔・・・」

「あの時、ここでこんなことがあったなぁ。。。」

などと思い出しながら、当時と今の心境の違いを比べたりするための「定点観測」をやってみることがあります。

 

心境の変化に涙腺が緩んだりということもありますが、当時との状況の変化に驚かされることが多々です。

 

一番よくあるパターンが、当時は、喫煙可能だったのですが、現在は、全席禁煙に変わっているレストラン、カフェ。

 

残念ではありますが、お店がなくなっていたりすることもあります。。。

当時あったメニューがなくなっていたりも。

 

「あれ?こんなところにこんな建物はあっただろうか?」

「以前は、こんなお店があったような??」

と、昔を思い出せない場合もあります。

 

20年前に住んでいた「ニュージャージー州」の現在を知りたくなり、グーグルのストリートビューで調べてみました。

 

当時と同じ建物を見ると安心できます。

が、やはり20年。かなりの変化を感じます。

知らない建物が増えていて、

「あの辺りの治安は、大丈夫なのかなぁ?」

「日本人は増えているのかなぁ?」

「家賃は上がっているのかなぁ?」

など、興味が湧いてきます。

 

ストリートビューで見た昔住んでいた場所。

懐かしくなってきました。

今年中に一度、定点観測をしに行きたいと思っております。

 

8年位前に行った場所を懐かしく感じ、当時の記憶を頼りに、同じ場所に行ってみました。

その場所に行くと、その頃のことを鮮明に思い出すことができました。

多分、忘れていることもあると思いますが、当時思っていたこと、感じていたことは、ほぼ全て思い出すことができた気がします。

 

「あれから、かなりの時間が経過したんだなぁ。。。」

感慨深い気持ちになりました。

 

もう少し時間を置いてから、改めて行ってみようと思います。

改めて行って感じる気持ちは、今日感じたこととは違うものだと思います。

「あの時(2020年2月23日(日))、こう考えていたなぁ。。。懐かしいなぁ。。。」

そんな気持ちなのでしょう。

 

これから色々な場所を訪ねてみようと思います。

時々、過去を振り返りたくなったとき、思い出の場所があるのは嬉しいものかもしれません。

 

久しぶりの場所を訪ね、「定点観測」を行った結果、そんなことを感じました。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。
最近の投稿記事
  • 考える時間

    投稿日:2020年02月17日(月)

    毎朝、起床後の30分を「考える時間」に当てています。 前の日の就寝前、その「考える時間」に考えることを決めることにしております。   考えることのほとんどが、「仕事」のことです。 が、「仕事」のことと言っても、 […]


    本文を読む

  • 【改・改訂】アメリカ合衆国大統領首席補佐官

    投稿日:2020年10月03日(土)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   アメリカ大統領権限継承順位は、下記の通りです。 1.副大統領兼上院議長(副大統領は、上院議長と兼務) 2.下院議長 3.上院 […]


    本文を読む

  • 1999年、夏

    投稿日:2019年12月10日(火)

    「出生地」と「サンディエゴでの経験」の2つの点を結び、「線」になりました。 1999年7月、まずは、語学学校へ通うため、アメリカ合衆国ニューヨーク州の田舎町に向かいました。   「留学」についての情報がなかった […]


    本文を読む