英国紳士 – 行動力

投稿日:2020年03月13日(金)

表顕力




書店に行って、ふと目に入った本を何気なく手にすることがあります。

街を歩いていて、ふと目に入る広告、看板、景色に見入ることや、ふと耳にする音などに耳を傾けることがあります。

突然、ふと閃くことがあります。

 

偶然の産物ではなく、何かのメッセージであると解釈することにしております。

頭で考えていなかったこと、意識をしていなかったことかもしれませんが、何かのメッセージであるように感じます。

 

それらのメッセージを受け取ることができたら、すぐに何らかのアクションを起こすことにしております。

心の声、直感に従うようなイメージなのかもしれません。

 

「今まで何だったのだろう。。。」

と思わされるほど、アクションを起こす前は、「不可能」をイメージしていたことに気付かされることがあります。

 

「「不可能」の反対語は「可能」ではない。「挑戦」だ。」

黒人初のメジャーリーガーの名言です。

 

「挑戦」というと、勇気を伴う一大イベントのように感じますが、「挑戦」とまで力まなくても、アクションを起こすことができるという実感があります。

 

「不可能」と考える事象には、「不可能」と考えるに至った過去の出来事が、影響していることがわかりました。

「昔、こんなことで、こうなったから。。。」「昔、誰かにこうだと言われたから。。。」などの理由が、「不可能」と思わせているのだと思います。

 

それらの過去の出来事を断ち切ることによって、容易にアクションを起こすことができるようになります。

また、そのアクションを起こすべく、背中を押してくれるのが、直感だったり。

 

沢山の人たちの出会いの中で、沢山の人たちから、「不可能」と思わされる沢山の出来事をいただきました。

それらの人たちに悪意はないと思いますが、それらの出来事に振り回されてきてしまったことを恥ずかしく感じております。

 

「行いは俺のもの。批判は他人のもの。私の知れた事ではない。」

幕末にご活躍された方の名言です。

 

「不可能」と思うことに直面した時、「不可能」と思う理由を洗い出し、それらの理由を断ち切っていくことで、「俺のものとしての行い」に繋げることができると確信しております。

 

今、心から、「不可能」と思わせる出来事を与えてくれた人たちに御礼申し上げます。

今後も、直感に導かれながら、その直感に理屈を添えて、アクションを起こし続けて参ります。

行動力は、「英国紳士」として必要な要素であると確信しているからです。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。
最近の投稿記事
  • わからぬ将来のことを・・・

    投稿日:2020年12月06日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「わからぬ将来のことを心配しているより、まず目前のことをする。」 日本の武将 伊達政宗公の格言です。   「来年の […]


    本文を読む

  • 信頼

    投稿日:2020年03月14日(土)

    「信用」と「信頼」は違うという話は、色々な所で耳にします。   日本に戻ってから、色々な人とのご縁がありました。 その時々にお付き合いいただいていた方々が、その時々の僕自身を映していたのだと確信しております。 […]


    本文を読む

  • 挨拶回り

    投稿日:2020年12月23日(水)

    今年は、沢山の素敵な方々との接点により、楽しく仕事をすることができました。 お付き合いのあった方々全員が、去年の今ごろ、接点のなかった方々でした。 1年で、何もかもが変わってしまったというのが正直なところです。 &nbs […]


    本文を読む