名刺

投稿日:2020年01月30日(木)

表顕力




この1年の間に、何度か名刺を作り直しました。

具体的な回数は、わかりかねますが、とにかく頻繁に名刺を印刷し直したように思います。

名前、肩書、会社名、住所などは、全く変更はありませんでしたが、事業内容を何度もやり直しました。

 

「どのように表現すれば、相手にわかり易く伝わるか。」

「どのように表現すれば、相手に同業他社との差別化を伝えられるか。」

など、表現方法を何度もやり直した結果、作り直しの回数が増えていたという。。。

本意ではありませんでしたが、結構真剣に悩み、しっくりくる内容に仕上がるまで、何度も何度もやり直しました。

 

「こだわり」というか、何か「これだ!」と思える形を目指していたのですが、進めているうちに、ある矛盾に気が付きました。例えば、

 

1.「流行語」を活用することで、相手にわかり易く伝えることができる

2.「流行語」を活用している時点で、他との差別化が出来ていないことを露呈する

 

「流行語」は、わかり易い反面、差別化が出来ていないので、目新しくありません。

逆に、専門用語とは言わなくても、わかりづらい単語を使うことによって、差別化が可能になるかもしれませんが、相手に伝わりにくくなります。

 

僕は、「相手にわかり易い表現」に重きを置きたいと思いながらも、どうしても、他とは違うことをしていると伝えたいために、「差別化」に力が入ってしまいます。

コンサルタントの先生にも相談し、アドバイス通りにもやってみました。

ある方が、「最近は、電話やメールよりも、SNSのメッセンジャーでのやり取りが殆どなので、名刺には、SNSのアカウントを載せておくべき。」

というようなお話をされていました。

 

確かにそう思うことがあります。

初めてお会いして、少し仲良くお話しできれば、SNSで繋がるという流れは、最近、ごく自然な流れのように感じます。

名刺交換をして、自分に興味を持ってもらえた場合、必ずホームページを閲覧してくれるような。

そうであれば、ホームページがしっかりまとまっているホームページがあれば良いのかとも思ったりします。

ブログも更新しておりますので、何となくでも僕のことを理解してもらえるとも思っております。(逆に、理解してもらえない場合もあると思いますが。。。I)

 

現時点では。ですが、余計なことを書かず、ホームページのQRコードのみを載せるだけで良いのではないか。。。という結論に至りました。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。
最近の投稿記事
  • QOL

    投稿日:2020年02月10日(月)

    クオリティ・オブ・ライフ(Quality of Life)。 「人生の質」、「生活の質」などが、英訳として使われております。 我々が、生きる上での満足度をあらわす指標のひとつとして使われる単語です。 元々は、医療用語とし […]


    本文を読む

  • 海外アウトソーシング

    投稿日:2019年12月19日(木)

    ソフトウェア開発において、インド、中国へのアウトソーシングが盛んになったのが、2010年前後かと思います。両国は、発展途上ということで、人件費が安いうえに、優秀なエンジニアが沢山いることから、欧米を中心とした企業からのア […]


    本文を読む

  • 試奏

    投稿日:2020年06月26日(金)

    自分で勝手にイメージして躊躇してしまうことが多々あります。 アクションを起こした後の「失敗」を想定してしまい、無意識にブレーキをかけるのであれば、単なる「損失回避」なのだと思います。 しかし、自分の勝手なイメージは、いわ […]


    本文を読む