使用機材の到着遅れ

投稿日:2020年05月21日(木)

創造力




雪の降る季節になると、飛行機に乗る際、搭乗日の天候を気にしてしまいます。

冬期間の天候による欠航・遅延は、あまり珍しいことではないと思っているからです。

最近は、台風などの影響で、秋の季節も油断できないように思います。

 

逆に、春と夏は、天候を気にすることはありません。

天候による影響が、ほぼ皆無だと思っているからです。

あくまでも、そう思っているだけで、実際には、起こり得ることなのかもしれませんが。。。

少なくとも、あのときは、「天候による影響」を想定しておりませんでした。

 

東京から戻るときは、いつも19:00以降の便を選ぶようにしていた。

丸一日、東京で用事を済ませ、18:00頃に空港へ向かう。

そうなると、必然的に19:00以降の便になってしまう。

その中でも、最終便に近い便を好んで選んでいた。

 

あの日は、20:30出発予定の便に乗るため、19:30ころ空港に到着。

少し早めに空港へ向かったのは、1つだけ理由があった。

空港にて、シュウマイ弁当を食すことをルーティンにしていたのだが、時間が遅くなればなるほど、シュウマイ弁当が売り切れている確率が高くなる。

「少しでも早く到着し、弁当を。」

という気持ちで、空港へ向かった。

 

残念ながら、弁当を購入することはできなかった。

スナック菓子か何かを購入して、弁当の代わりとした。

「今日は、買えなかった。次は、もう少し早く来た方が良いのかな?」

なんてことを考えながら、ゲートへ向かった。

 

ゲートに着くと、遅延のお知らせが流れていた。

「悪天候の影響により、使用機材の到着が遅れ、出発が45分遅れとなります。」

確認のつもりで、ゲートのスタッフの方に尋ねた。

「45分遅れるんですか?」

「はい。申し訳ありません。もしお急ぎでしたら、臨時便を出しますので、そちらに変更することは可能です。如何いたしましょうか?」

「では、変更をお願いします。」

スタッフの方は、変更手続きを開始してくれた。

 

途中、アメリカの著名投資家の言葉が、脳裏を過ぎった。

「群集心理を避けよ」

その瞬間、慌ててスタッフの方に確認。

「すみません。ほとんどの方が、臨時便に変更されていますか?」

「はい。多くのお客様が、変更されています。」

「そうですか。それでは、僕は変更せず、この便に残ります。手続き進めていただいて申し訳ありませんが、よろしいですか?」

「はい。かしこまりました。では、搭乗予定時刻は、21:00となっております。」

 

予定通りの便に搭乗するため、そのゲートで待った。

45分の遅れは、何か問題になるような話ではなく、そもそも、急いで帰る必要もない。

とにかく、群集心理を避けたかった。

 

読書していたことで、45分があっという間に感じた。

「群集心理を避けてみた。何かいいことがあるかもしれない・・・」

僕は、手にハンドクリームを塗りながら、そんなことを思った。

 

搭乗した飛行機は、空席が目立っていた。

多分、乗客は、30人いなかったように思う。

空席ばかりの客席を眺めながら、自分の席を目指した。

 

群集心理を避けたことが理由なのだろうか。

良いことに恵まれた。

ドリンクサービスを終えて落ち着いたころ、手が綺麗で、背の高い、スラっとした岡山出身の美人CA「ツジ」さんと長い時間お話しする機会を得た。

詳細は、割愛する。

 

初めての出来事に嬉しく感じた。

2019年5月21日。

昨年の今日、機内にて、「素敵な出来事」があった。

あれから1年。

想定外の連続に導かれた「素敵な出来事」を思い出した。

 

あの日以来、僕は、搭乗する前に必ず、ハンドクリームを塗ることにしている。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。
最近の投稿記事
  • 考える時間

    投稿日:2020年02月17日(月)

    毎朝、起床後の30分を「考える時間」に当てています。 前の日の就寝前、その「考える時間」に考えることを決めることにしております。   考えることのほとんどが、「仕事」のことです。 が、「仕事」のことと言っても、 […]


    本文を読む

  • 脂肪燃焼

    投稿日:2020年08月12日(水)

    「スポーツジムに通ってみようと思う。」 周りから、このような話をよく耳にしておりました。 最近は、そうでもないようですが。   「通ってみようと思う。」から、実際に「通っている。」に変わったという話を聞いたこと […]


    本文を読む

  • 集中力養成

    投稿日:2020年10月04日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   集中力を養う方法を模索しておりました。 モティベーションの問題なのか。 アドレナリンの作用の問題なのか。 目的意識の問題なの […]


    本文を読む