コミュニケーションツール

投稿日:2020年05月22日(金)
表顕力


携帯電話の着信は、バイブレーションに設定しております。

着信音は、オフにしており、マナーモードでの生活が当たり前になっております。

少し前まで、電話の着信を不快に思っておりました。

作業に集中したいときの着信ほど、迷惑なものは無いと感じております。

また、不急不要の電話は、割合的に少ないものです。

 

メールで済む話でも、着信があります。

メールを書くのが面倒だから。。。などの理由で、電話してくる人もいます。

電話以外の方法で、コミュニケーションをとることが可能になりました。

それでも、電話がなくならないのは、何か原因なのでしょうか。

メールでのやり取りが、当たり前になっても、FAXがなくならないのと同じことなのでしょうか。

多分、もう少し。

もう少しで、今までの常識に変化が起こるのだ。と、願うばかりです。

 

父親は、仕事上、頻繁に緊急で呼び出されていた。

何かのときのために、ポケベルを携帯していた。

携帯電話が普及するずっと前の話。

家族で買い物などに出掛けている最中、ポケベルが鳴り、公衆電話を探していたことが、度々あった。

僕にとっては、あまり良い思い出ではない。

そんな経験からか、僕も電話が嫌いである。

極力、電話には出たくないと思っている。

 

「礼儀2.0」の時代に変わったと聞く。

礼儀のバージョンが、アップデートされたらしい。

「礼儀2.0」は、相手の時間を奪わないマナーの新常識とのこと。

電話は、相手の時間を奪うためのツールのように思ったりする。

 

それでも、すぐに電話をしてくる人がいる。

敢えて電話に出ず、後からかけ直すこともある。

内容を聞くと、全く急ぐ用事ではなく、メールで済む話ばかりというオチがほとんどだった。

 

営業時間を、平日の10:00から18:00としている。

勿論、その前から始動はしているし、夜遅くまで作業を続けていることもある。

土日祝日も仕事をしている。

この営業時間は、あくまでも表向きのもので、電話や打ち合わせに対応するための時間と考えている。

際限なく電話が来ることを、必要以上に嫌っている感がある。

 

少し前までは、早朝に電話をしてくる人が少なくなかった。

「こんな時間に。。。緊急かな?」

と思って電話に出るが、緊急ではない。

「勘弁してくれ。。。」

という気持ち以外になかった。

 

「日中、バタバタしているので、電話に折り返せない場合があり、できれば、メールでご連絡いただけませんか?」

相当数の方々にお伝えしたフレーズ。

お陰様で、このアクションにより、着信の数が激減した。

 

最近は、ほとんど電話はない。

人間関係に変化があったことも理由の一つだとは思うが、有り難い限りである。

電話を気にしながらの生活が、過去のものになった。

 

どうしても話す必要がある場合は、予め、時間を設定して、ビデオ会議などで顔を見ながらの方が間違いないと実感している。

これは、コロナ騒動を通して、学んだことでもある。

コミュニケーションツールの主流が、メールやビデオ会議に移っていくことを切に願っている。

 

「不易流行」

コミュニケーションを取ること自体は、「不易」であるとの確信がある。

しかし、コミュニケーションを取るための手段は、「流行」であって欲しい。

 





この記事へのコメント送信
(すべて必須事項です)



記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

プロフィール(詳細
阿部雄一郎
阿部 雄一郎(あべ ゆういちろう)
1975年 アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。
1999年 札幌の大学を卒業後、渡米。
米国ニュージャージー州の私立工科大学大学院に入学。
(コンピュータサイエンス専攻、理学修士(M.S.)課程修了)
システムエンジニアとして、様々な業種の法人様向けにシステムのご提案し、導入・管理をご支援して参りました。
今までの経験を活かし、グローバル化、多様性社会の時代にて、新たな価値を創造していきます。
記事検索
書籍紹介
  • 「仕事ができる」とはどういうことか?

    今まで腑に落ちないでいた気持ちが、スッキリしました。
    「右脳」と「左脳」両方のバランスに秀でた人間を目指し、精進を続けて参ります。

    「学び」を感じることができる書籍です。

  • 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

    中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。

  • ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA

    昨年4月12日、国際フォーラムでのコンサートに行ってきました。

    コンサート終了後、ファンクラブに入会。
    今後は、ツアーが開催される際、必ず行くつもりです。

最近の投稿記事
  • いかなる問題も、それをつくりだした・・・

    投稿日:2020年10月18日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。」 物理学者アインシュタインの格言です。 &n […]


    本文を読む

  • 過去から学び、今日のために生き・・・

    投稿日:2020年10月12日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」 ノーベル賞受賞物理学者の格言です。 この格言が、僕にはとてもス […]


    本文を読む

  • 画期的な解決策のヒントが得られることも・・・

    投稿日:2020年10月09日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「問題を別の角度から捉え直せば、画期的な解決策のヒントが得られることもある。」 米国の発明家・起業家の格言です。 問題に直面 […]


    本文を読む

  • ハロー効果

    投稿日:2020年10月08日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「ハロー効果」とは、   表層的な部分に囚われて、実際を過大評価してしまう時に働いている効果のこと   […]


    本文を読む

  • 自己分析

    投稿日:2020年09月27日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   ブログの「キーワード」を「過去回帰」と定め、その「キーワード」の則った内容を投稿するようにしております。 変えることのできな […]


    本文を読む