音楽活動

投稿日:2020年05月25日(月)

表顕力




「之を知る者は、之を好む者に如かず。
之を好む者は、之を楽しむ者にに如かず。」

論語のことばで、

知る者より好む者、好む者より楽しむものが勝っている。

という意味です。

わかり易く表現すると、

「好きこそ物の上手なれ」

なのだと思います。

人間、夢中になれるものがあることは、幸せなことだと感じております。

ただ、日々の慌ただしい生活の中で、夢中になれるものに辿り着くのも容器ではないのかもしれません。

 

少しだけ立ち止まって、自分を見つめる時間を作ることで、今まで意識していなかったことが、実は重要なのだと気付かされることがあります。

自分を見つめ直すためには、少し立ち止まることも重要なのではないでしょうか。

 

高校に入学した。

両親を含めて、周りが望んでいた学校への進学ではなかったため、喜びのようなものを感じることはなかった。

複雑な気持ちでの「十五の春」だった。

 

良い大学を卒業して、良い企業に就職。

何をもって「良い」なのか、今となっては疑問しかないが、両親が望んでいた「成功のイメージ」だったのだと思う。

それから外れてしまった寂しさがあった。

この先どうすれば良いのかわからなかった。

 

寂しさを紛らすことが目的だったのだろうか。

入学祝として、祖母にエレキギターを買ってもらった。

当時大好きだったアーティストが使用しているギターに似たものを買ってもらった。

ギターコードが記されている歌の本を買っては、それを見ながら練習していた。

当時は、動画配信サイトなど存在せず、練習方法を知る術がなく、我流ではあったが、練習はしていた。

周りに同じような感覚の人間がいなかったこともあり、一人で練習するしかなかった。

同じような感覚の人との接点を求めて、何かアクションを起こしたわけでもなかったのだが。

 

大学卒業の頃、気持ちが、音楽から離れて行ったように思う。

その後も、街の楽器店に行き、ギターを眺めることはあったが、また始めようと思ったことはなかった。

心の中では、音楽を欲していたのだと思う。

あの頃を振り返って思うことである。

 

2年ほど前、些細なことをキッカケに、ギターを購入した。

毎日練習しながら、音楽を好んでいる、楽しんでいる自分を確認できている。

ギターを購入して良かったと心から思っている。

ギターを弾いているときの自分を愛おしく感じる。

 

あくまでも、趣味の範疇ではあるが、「自称ソングライター」を目指している。

 

あれから30年。

長い間封印してきた「音楽」に寄り添いながら、感性を磨くための精進を続けている。

磨かれた感性が、素敵なメロディーを奏でてくれる。

奏でられたメロディーが、日々の生活に彩を与えてくれる。

 

「音楽活動」を通して、希望に満ちた「四十五の春」を実感できていることを嬉しく思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。
最近の投稿記事
  • 英国紳士 – 行動力

    投稿日:2020年03月13日(金)

    書店に行って、ふと目に入った本を何気なく手にすることがあります。 街を歩いていて、ふと目に入る広告、看板、景色に見入ることや、ふと耳にする音などに耳を傾けることがあります。 突然、ふと閃くことがあります。   […]


    本文を読む

  • 異業種交流会

    投稿日:2019年12月21日(土)

    札幌に戻ってから、数えきれないほどの「異業種交流会」に参加してきました。 実際に入会して、会員として活動したこともあります。 生命保険の営業の方が主宰されているアットホームな会だったり、全国規模、北海道規模、もしくは宗教 […]


    本文を読む

  • Take the course opposite to・・・

    投稿日:2021年01月18日(月)

    「Take the course opposite to custom and you will almost always do well.」 「慣習とは反対の道を行け。そうすれば常に物事はうまくいく。」 フランスの哲 […]


    本文を読む